最新記事

映画

NASAを支えた黒人女性の成功物語『ドリーム』

Overcoming Race and Gender

2017年9月29日(金)17時20分
エイミー・ウエスト

キャサリン(右から3番目)たち3人は白人男性ばかりの職場で徐々に実力を認められていく ©2017 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

<暗いムードの伝記映画が評価される時代に、前向きな明るさで異彩を放つ>

伝記映画はアカデミー賞で高い評価を受けることの多いジャンルだ。だが『リンカーン』『レヴェナント:蘇えりし者』など近年の受賞作を見ると、どれも全体に暗さが漂っている。もっと正確に言えば、その暗さゆえ高く評価された。

その点、セオドア・メルフィ監督作『ドリーム』は異彩を放っている。近年のトレンドとは違い、直球で描いた後味のいい成功譚なのだ。

物語は60年代初め、NASAの計算部門で働くキャサリン・G・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)と友人のドロシー・ボーン(オクタビア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネル・モネイ)の3人を軸に展開する。キャサリンは数学の天才でメアリーは勘のいい技術者、ドロシーは人々をうまくまとめ上げる才能の持ち主だ。

優秀な3人だが、女性ゆえに、そして肌の色ゆえにキャリア面では壁にぶつかっている。だがソ連がアメリカに先んじて有人宇宙飛行を成功させたことで状況は変わり始める。宇宙開発計画の責任者たちが、あらゆる垣根を取り払って優れた人材を登用する必要性を理解したからだ。

キャサリンはNASAのエリート部門である宇宙特別研究本部に登用され、気難しい上司の下、ジョン・グレン宇宙飛行士を周回軌道に送るため奮闘することになる。メアリーは上司の支援を受け、白人専用の高校で技術者養成の講義を受けるために裁判所に請願を行う。プログラミングを独学で学んだドロシーは、新しいデータ処理システムの管理者に任命される。

リアリティーに欠けるが

勇気づけられる話ではあるが、主人公たちが比較的容易に大きなことを成し遂げてしまうので現実味に乏しい印象もある。知名度の低い人々を取り上げたおかげで、メルフィは「偉人の事実を正確に描く」というプレッシャーに縛られずに済んだ。そして実話をかなり自由に脚色することができたのだ。

ニュース速報

ビジネス

森友学園に関する会計検査院報告、麻生財務相「重く受

ワールド

焦点:体内から巨大寄生虫、脱北兵士が伝える北朝鮮の

ワールド

ドイツ第2党SPD、連立協議入りの圧力強まる

ワールド

スイス中銀、為替介入は近隣窮乏化策に当たらず=ジョ

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 3

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 4

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 7

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 8

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視…

  • 9

    もう体に合わないことはない! ZOZO、採寸用ボディ…

  • 10

    NYは毒入りリンゴ? 子ども5400人が鉛中毒に

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 8

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月