最新記事

テロ

ISISが食品への毒物混入テロを指示

ISIS Supporters Call for Poisoning of Food in Grocery Stores Across U.S. and Europe

2017年9月8日(金)15時00分
ジャック・ムーア

暗号メッセージアプリで投稿された毒物テロを指示するISISの画像 SITE INTELLIGENCE

<銃撃やトラック暴走などショッキングなテロを呼びかけてきたISISが、新たに隠れたテロ手法を指示した>

テロ組織ISIS(自称イスラム国)とそれに感化されたジハーディスト(聖戦主義者)たちは、これまで欧米に対する攻撃の手法として「衝撃と畏怖」を用いてきた。ナイフやライフル、またはトラックを武器として使うショッキングな攻撃だ。

しかし今、彼らは毒物という隠れた武器を使うよう指示している。標的は、欧米の食料品店だ。

アメリカに拠点を置くテロ活動の監視機関「SITEインテリジェンス」の報告書によると、「欧米での一匹狼(ローンウルフ)型のテロを呼び掛ける英文メッセージの中で、店頭で販売されている食品に青酸化合物を注入するようアドバイスしている」という。

暗号メッセージアプリ「テレグラム」は、ツイッターなど他のアプリに比べて機密性が高く投稿が削除されにくいため、テロリストの通信手段としてよく使われている。テレグラムの専門チャンネルに投稿されたISIS支持者の画像メッセージには「一番の方法:毒物」と書かれている。

【参考記事】ISISがバチカンを襲うのは時間の問題だ

毒物を使ったテロの手法は、何年も前からISIS支持者の間で拡散されていたが、実際に使われたことはこれまでなかった。2015年10月には「ユダヤ人を殺す6つの方法」というガイドが拡散された。そこでは「(ナイフで)刺す、燃やす、毒殺する」といった手法が示されている。

またISISの支援グループは、自宅で毒を作るガイドブックを公開している。

毒物テロが実行されたことはまだないが、未遂に終わったケースはアメリカで1件ある。サンフランシスコ出身で、イエメンで生活していたことがある22歳の男、アメル・シナン・アルハッガギが米捜査当局に拘束されている。ISISのために新型テロをベイエリアで実行しようとした容疑だ。

昨年12月の法廷審問で、この男が麻薬に殺鼠剤を混ぜて、ベイエリア周辺のナイトクラブでばらまくという計画の詳細が明らかになった。米ABCニュースによるとこの男は、アンダーカバー(覆面)捜査員に対して、毒性の高い殺鼠剤ストリキニーネとコカインの混合方法をたずねていた。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮で揺れを観測と中国当局、韓国は「自然の地震」

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 3

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

    • 4

      北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

    • 5

      ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

    • 6

      トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

    • 7

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

    • 8

      AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

    • 9

      ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

    • 10

      北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 3

      ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

    • 4

      北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

    • 5

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 6

      強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

    • 7

      イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

    • 8

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 9

      ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

    • 10

      iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月
    • 2017年5月
    • 2017年4月