最新記事

英王室

ダイアナ元妃の生涯と「あの事故」を振り返る

Who Was Princess Diana?

2017年8月30日(水)16時45分
ジョシュ・ロウ

家族一緒に 英名門のイートン校に入学したウィリアム王子(右から2番目)と記念写真 Dylan Martinez-REUTERS

<世界中から愛されたダイアナは、20年前に36歳で非業の最期を遂げた。英王室に嫁いで苦しいことも多い、短い人生だった>

8月31日は、ダイアナ元皇太子妃が亡くなって20年目の節目となる日だ。ダイアナは、現在の王位継承順位第2位のケンブリッジ公爵ウィリアム王子、そして弟のヘンリー王子の母にあたる。

ダイアナは生前、慈善事業家、セレブリティ、人々にとってのロールモデル(模範)、そしてそれまでとは全く異なるタイプの王室の一員として、イギリスの公人の中でも並外れて大きな役割を果たした。

心をむしばんだ結婚生活

ダイアナは、イギリス貴族の家系に生まれた。1975年に父親のエドワード・ジョン・スペンサーがスペンサー伯爵位を自らの父から継承したのに伴い、ダイアナも「レディ・ダイアナ・スペンサー」の称号を得た。

ダイアナが世の注目を一身に集めるようになったのは1981年のこと。この年に、王位継承順位第1位のチャールズ皇太子との婚約が発表され、2人は同年7月に結婚した。この結婚により得た「プリンセス・オブ・ウェールズ」の称号を、ダイアナはのちの離婚後も使い続けることになる。

2人の交際をめぐるメディアの報道は過熱した。これには、チャールズ皇太子がダイアナより13歳年上だったことや、真面目で格式張った皇太子には、ファッションやポップカルチャーに興味を持つ、はるかに若い女性は不似合いなのではないかとの懸念も一役買っていた。

【参考記事】ダイアナ悲劇の死から20年、活発化する暴露の動き

こうした周囲の懸念は的中する。2人の結婚生活は不幸なものとなり、チャールズ皇太子は、結婚前に交際していたカミラ・パーカー・ボウルズとの関係を再開させたのだ。カミラはのちにチャールズ皇太子と再婚し、現在はコーンウォール伯爵夫人となっている。ダイアナ自身も、騎兵連隊将校のジェームズ・ヒューイットと、密かに不倫関係を結んでいた。

【参考記事】ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

このように不仲だったとはいえ、ダイアナはチャールズ皇太子との間にウィリアムとヘンリーという2人の息子をもうけた。生前、ダイアナは2人の王子について「安心して暮らせる環境で息子たちを育てたい」と述べ、自らの子育ての様子をこう語っている。「子どもたちをぎゅっと抱きしめ、夜には添い寝もしている。息子たちには常にたっぷりと愛を与え、大切にしている。これはとても大切なこと」

【参考記事】【写真特集】2人の王子とダイアナが過ごした幸せな時間

しかし、絶え間ないメディアからの圧力や、皇太子との辛い関係が、次第にダイアナをむしばんでいった。まだ一般的にはメンタルヘルスの理解が進んでいない時代に、ダイアナは心を病み、過食症や摂食障害に苦しんだほか、自傷行為に走ることもあった。

ニュース速報

ワールド

スイス中銀がマイナス金利据え置き、フランは「過大評

ビジネス

ECBが金利据え置き、超緩和姿勢維持

ビジネス

エールフランスKLM、18年夏に日欧路線を増便へ

ビジネス

税制改正、与党大綱を決定 デフレ脱却へ企業投資後押

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 10

    苦しまない安楽死マシンなら死を選びますか?

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月