最新記事

ナイジェリア

「米国を再び強く安全に」ボコ・ハラム拉致少女、トランプに訴え

2017年7月11日(火)15時20分
コナー・ギャフィー

少女たちの願いはトランプに届くか Official White House Photo by Shealah Craighead

<ナイジェリア北部の村チボックからイスラム過激派ボコ・ハラムに拉致された276人の少女のうち、支援のおかげでアメリカにこられた2人がトランプを訪問。「心を動かされた」トランプは、ナイジェリアに武器を売る?>

「批判されても負けないでください」──先日ホワイトハウスを訪問したナイジェリア出身の少女2人が、ドナルド・トランプ大統領に伝えようとしたことだ。

ジョイ・ビシャーラとリディア・ポグは、混乱や絶望がどんなものなのかをよく知っている。2014年4月、ナイジェリアのイスラム過激派ボコ・ハラムが、同国北部の都市チボックにある学校から拉致した女性生徒276人のなかにいたからだ。

【参考記事】「少女自爆」のボコ・ハラムはISを上回る世界一の殺戮集団

拉致直後の混乱の中で、ビシャーラとポグは、ほかの一部の少女とともに必死に逃走した。ボコ・ハラムの兵士たちが森の中にある潜伏先に連行しようとして女子生徒たちを一斉にトラックに乗り込ませた時に、そこから飛び降りたのだ。チボック・ガールズと呼ばれるようになった女子生徒たちのうち、150名以上が脱出したか解放されたが、113名はいまだに監禁されたままだ。

NGOの招きでアメリカに

ビシャーラとポグは6月27日、ホワイトハウスでトランプと娘のイバンカに面会した。2人の訪問は、世界各国の人身売買に関する米国務省の年次報告書発表に合わせて行われた。ボコ・ハラムは「欧米教育は罪」という意味で、組織のリーダーは2014年に女子生徒たちを拉致した直後、彼女たちを人身売買市場で取引するか、組織の兵士たちと結婚させると公言していた。

【参考記事】血塗られたキリスト教徒狩りが始まった

ホワイトハウスが7月6日に発表した声明によると、トランプもイバンカも、ビシャーラとポグの訪問に「深く心を動かされた」という。ビシャーラとポグは、オレゴン州の全寮制学校「キャニオンビル・クリスチャン・アカデミー」を卒業したばかりだ。ピープル誌が行った2人のインタビューによれば、ビシャーラとポグは当初、バージニア州のキリスト教系NGO「ジュビリー・キャンペーン」の招きで2014年8月にアメリカに来た。

2人は今秋から、フロリダ州のサウスイースタン大学に進学する予定だ。クラウドファンディングで、今夏に2人がナイジェリアに住む両親を訪ねるための旅費を募っており、現在までに約7000ドルが集まった。

ビシャーラとポグはホワイトハウスを訪問した際に、トランプに宛てに書いた手紙を読み上げた。その内容は、アメリカは国の安全をさらに推し進め、他国の模範となるべきだと訴えるものだった。ホワイトハウスは公式サイトでその手紙の抜粋を公開している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィンランドはスウェーデンとNATO同時加盟目指す

ビジネス

米J&Jベビーパウダー訴訟、子会社破産通じた解決を

ワールド

米大統領、ポーランド訪問を計画 ウクライナにF16

ワールド

バイデン米大統領、コロナ緊急事態宣言を5月11日に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大批判...キャサリンの「お手本」に脚光も

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 8

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 9

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 10

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月