最新記事

インドネシア

イスラム急進派代表にポルノ容疑でインドネシアに問われるバランス感覚

2017年5月31日(水)16時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

「ポルノ規制法違反」容疑で追われるイスラム擁護戦線(FPI)の指導者、リジック代表(中央) Beawiharta- REUTERS

<キリスト教徒のジャカルタ前州知事アホックはイスラム教を冒涜した罪で有罪が確定し、アホックを批判していたイスラム教指導者は「ポルノ規制法違反」で国際手配中。「多様性のなかの統一」を国是に掲げるインドネシアの危ういバランシング・アクト>

インドネシアのイスラム教急進派組織の代表が警察から「ポルノ規制法違反」の容疑者に指定され、支持者からは「警察の不当捜査」と警察批判が高まる一方で、一般国民からは「イスラム教組織の指導者がよりによってポルノ違反とは不信心そのもの」と嘆く声が広がっている。

折しも、インドネシアのイスラム教徒は世界中の信者とともに重要な宗教行事である「ラマダン(断食月)」の真っ最中である。

ジャカルタ警察は5月29日、イスラム教組織「イスラム擁護戦線(FPI)」の指導者、ハビブ・リジック・シハブ代表を「ポルノ規制法違反」の容疑者とし、警察への出頭を命じた。

容疑は昨年、携帯電話のチャットアプリ「ワッツアップ」を通じて女性の知人、フィルザ・フセイン容疑者とわいせつな言葉のやり取りを交わし、その会話の画像がネットに拡散した、というものだ。

このリジック容疑者とフィルザ容疑者は共に昨年からテレビや新聞で大きく取り上げられてきた「時の人」で、インドネシアでは知らない人のいない"著名人"でもある。

「反アホック」運動の急先鋒

リジック容疑者は4月19日に決選投票が行われたジャカルタ特別州知事選で敗れたバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事の「イスラム教冒涜発言」にいち早く反応して批判した人物。白装束で身を固めてアホックの辞任や逮捕を求める強烈なアジテーションでイスラム教徒を扇動、大規模デモや集会を組織した反アホックの急先鋒だった。


【参考記事】インドネシア・ジャカルタ知事選、宗教と生活困難が投票を左右


一方のフィルザ容疑者は社会財団の代表でリジック容疑者と親しく、2016年12月2日の反アホック大集会開催前に活動家らと社会不安を煽る大衆行動を画策したとして、政府転覆容疑で今年1月に逮捕された経歴を持つ(その後釈放)。

知事選で敗れたアホック氏はその後、「宗教冒涜罪」などに問われた裁判で禁固2年の実刑判決を受け、直ちに収監。10月まで任期の残る知事を辞職するとともに判決直後の控訴も取り下げた。

イスラム教急進派などからの攻撃で知事選で敗北し、実刑判決まで受けたアホック氏に対し、公正な裁判を求める支持者の声が燎原の火のごとく全国に拡大。インドネシアの国是でもある「多様性の中の統一」や「宗教の寛容性」が改めて問われた。

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

ビジネス

焦点:中国自動車メーカー、ついに夢の欧米市場進出か

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か 超能力伝説でイメージ作りも

  • 4

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 5

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    プーチンの本音は「五輪禁止」に感謝?

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月