最新記事

南シナ海

ドゥテルテの南シナ海「占領」計画は中国の一声で中止

Beijing Warns Rodrigo Duterte Not to Meddle in the South China Sea

2017年4月14日(金)16時18分
エレノア・ロス

ドゥテルテが南シナ海の島で国旗を揚げることはなかった Romeo Ranoco –REUTERS

<フィリピンの暴言大統領ドゥテルテが宣言した南シナ海の島々占領は、中国との友情を優先して中止された>

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、軍事同盟国のアメリカに別れを告げ、中国にすり寄ってきた。

だがドゥテルテは昨年6月の大統領就任以来、アメリカからの自立を宣言するだけでなく、南シナ海の領有権問題で利害が衝突する中国にも警告を発した。「どんな大国でも言いなりにはならない」と。当時のドゥテルテは、大国と友だち付き合いすることの意味を知らなかったのだろう。

ドゥテルテは先週、今月12日に控えたフィリピン独立記念日に、実効支配する南シナ海スプラトリー(南沙)諸島のパグアサ島(英語名ティトウ島)を自ら訪れて国旗を掲揚すると宣言した。

スプラトリー諸島では、フィリピンのほか、中国、ベトナム、台湾、マレーシア、ブルネイの6カ国が領有権を争っている。

「私は軍に対し、領有権を主張する多くの島を占領するよう命じた。9~10カ所に建物を建設する」とドゥテルテは言った。「そして独立記念日には、実効支配するパグアサ島で国旗を掲揚するかもしれない」

しかし、わずか数日後、国旗掲揚計画は中止になった。中国から警告を受けたのだ。

【参考記事】親中路線に舵を切り始めた放言ドゥテルテの外交戦略
【参考記事】中国を選んだフィリピンのドゥテルテ大統領――訪中決定

アメリカとも別れられず

サウジアラビアの首都リヤドで行われたフィリピン人コミュニティーの集会で、ドゥテルテは言った。「中国に『お願いだから、係争地には行かないでくれ』と言われて、大切な中国との友情を思って自分を正した。中国との友情を優先して、国旗は揚げない」

南シナ海は、毎年約5.3兆ドル(約578兆円)もの船荷が通る貿易の要衝。外交問題評議会(CFR)は、領有権を巡って各国が衝突するリスクは「大」と示唆している。

ドゥテルテは最近、中国、フィリピン、ロシアの3国が同盟を組めば世界が従うと自慢している。特に中国との関係は「新たな春」を迎えたと言う。

しかし、ドゥテルテはアメリカからも完全に離れられずにいる。今年2月にはアメリカから、擲弾発射器400個、狙撃銃85丁、無人航空機3機を含むテロ対策用の武器供与を受けた。

【参考記事】東アジアにおける戦略関係の転換期

ニュース速報

ビジネス

アングル:ジャクソンホール、欧米中銀トップのメッセ

ビジネス

ドンキホーテHD、ユニー株式の40%を取得 GMS

ビジネス

米ディズニー、「スター・ウォーズ」キャラ捕獲イベン

ビジネス

欧州航空当局、A350のシステム更新を指示 油圧系

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    コンゴ「武器としての性暴力」と闘う医師に学ぶこと

  • 5

    タンザニアで迫害されるアルビノの命の歌

  • 6

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 7

    米財務長官の美人妻、高級ブランド自慢で中間層を敵…

  • 8

    「普通の国」日本の戦争できない未来

  • 9

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 10

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月