最新記事

BOOKS

70冊以上の「トランプ本」から選んだ読むべき3冊

2017年4月13日(木)15時18分
hontoビジネス書分析チーム

写真は本文と関係ありません Jonathan Ernst-REUTERS

<この約半年間に日本で出版された「トランプ本」は70冊以上。売れ筋の中から選んだ注目の3冊――『「トランプ時代」の新世界秩序』『ルポ トランプ王国』『トランプ』の内容・魅力とは?>

「トランプ本」の売れ筋ランキング

ビジネスパーソンや各界の専門家を主な利用者とする大手書店グループ、丸善とジュンク堂によると、昨年9月から今年3月までの約半年間に日本で出版された「トランプ本」は70タイトル以上にも及ぶ。

ここで対象となっているのは、タイトルに「トランプ」という言葉が入っている書籍のみ。「トランプ本」の実態としてはおそらく100タイトル以上だ。そんなにも多くの本が、この約半年間に出版されているのだ。

こんなに多くの本があると、結局何を読めばよいのか分からないのでは? どの本が読むに値する本で、どの本がそうではないのか? 少しでも参考になるよう、同グループの購買データを集計し、販売冊数の「トランプ本」ランキングを独自に作成した。

honto170413-chart.jpg

※2016.08.26~2017.03.25の丸善・ジュンク堂全店舗における販売冊数を集計、一部ジャンル(文芸書、マンガ、写真集など)は除く

なかでも注目の「トランプ本」 3冊

ランキングトップに並ぶ多くの書籍は、大統領選挙の結果を受けた11月~12月に発売された本である。人々の関心も、世間に流れるニュースも、この時期に急激に高まっていたので「さもありなん」と頷ける結果だ。

しかし、そのような中で、1位の『「トランプ時代」の新世界秩序』(潮出版社)、3位の『ルポ トランプ王国』(岩波書店)はそれぞれ1月20日発売、2月4日発売と、今年になってからの発売である。いずれの本もそれぞれのベクトルでの論考が深められており、目を引いた。

瞬間・瞬間の話題はニュースで知っているけれど、トランプ大統領の誕生とは、要するに何なのか。トランプが大統領になりえた論理や、今後の米国および日本の動向への見立てを、いったいどう考えればよいのか。

ある程度のボリュームの文章を一度にまとめて提示できる「本」という媒体に求められた役割は、その「分析、洞察」なのだろう。こうした疑問を読者(の多く)が抱いた時期が年始以降であり、その疑問に答える本がやっと出始めたということなのだと、推察する。

また一方で、4位の『トランプ』(文藝春秋)にも注目した。大統領選挙の結果の前、8月に発売された本だが、ワシントン・ポスト紙が「非常に中立的な立場で」書いたトランプの伝記だからだ(日本語の翻訳書は10月に発売) 。

トランプ勝利をまったく予想できなかった都市部のメディアが、いったいどのような取材に基づき、どのようにトランプの実像をとらえていたのか。敢えて「今」読むこと、また上記の2冊と比較して読むことで、異なる角度からトランプという人物を捉えることができる。ひいてはアメリカの実態も透けて見えることだろう。

ここからは、これら注目の3冊について、それぞれもう少し内容や魅力を掘り下げて取り上げる。

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

ビジネス

焦点:中国自動車メーカー、ついに夢の欧米市場進出か

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か 超能力伝説でイメージ作りも

  • 4

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 5

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    プーチンの本音は「五輪禁止」に感謝?

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月