最新記事

仮想通貨

ビットコインを入手する5つの方法まとめ

2016年11月25日(金)15時30分
コインポータル

David Gray-REUTERS

 ビットコインに興味が出たけど、どこでどうやって手に入れるの? まったく初めての人でも、簡単・安全に購入できるの? 初心者が最初にぶつかる、ビットコインの入手方法にまつわる疑問についてまとめてみた。

 現在、日本国内でビットコインを入手する方法はいくつかある。それぞれの具体的な方法と、注意するポイントを簡単に整理する。

 ・ビットコインの取引所で購入する
 ・ビットコインのATMで購入する
 ・人からもらう(ピア・トゥー・ピア)
 ・ゲームなどで無料で手に入れる
 ・マイニング(採掘)で報酬として手に入れる

国内のビットコイン取引所

 現在、日本にはいくつかの仮想通貨取引所が存在する。銀行から送金して証券口座に預金するように、まずは取引所に自分の口座を開設し、自分のビットコインの口座に日本円を入金することでビットコインを売買できるようになる。これがもっとも一般的で、また簡単なビットコインの入手方法といえるだろう。

 売買の価格は、為替と同じようにそのときのレートで決まる。ビットコインは為替と同様に24時間365日値動きしているため、取引所でビットコインを取引するときにも口座に資産があれば基本的にいつでも行うことができる。

 取引できる量は、それぞれの取引所によって、また取引所に渡す個人情報の量によって変わってくる。これはマネーロンダリングや不適切な取引を防止するためで、渡す個人情報の量が多ければ取引の自由度も高くなる場合が多い。国内の取引所の多くは現在取引手数料無料で、またレバレッジ取引に対応している。各取引所の提供するサービスなどを比較しながら、自分の希望にあったところを見つけてみよう。また、入手した後のビットコインはすぐに使用するのでなければ自分のハードウェア・ウォレットペーパー・ウォレットに移すなど、ハッキングのリスクを避けてきちんと自己管理する習慣を身につけておきたい。

【日本の取引所】
bitFlyer
J-Bits
Coincheck
Zaif
BTC Box
BitPoint
Fisco
Lemuria
Kraken
Quoine

ビットコインATM

 現在、ビットコイン売買ができるATMが東京などにいくつか存在する(ビットコインMAP参照)。ATMは5〜8%程度の手数料を取るためビットコインを入手するのにはもっとも高くつくが、取引所で登録などをしなくても気軽にその場でビットコインを手に入れることができる。購入方法も簡単だ。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、秋の共産党大会前に追加引き締め行わず=

ワールド

NATO加盟の欧州諸国とカナダ、2017年防衛費を

ビジネス

中短期国債の「流動性供給」増額案、財務省がPD懇で

ビジネス

6月の英住宅価格+1.1%、4カ月ぶり上昇=ネーシ

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 5

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船が…

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 8

    ベンチャーの未来は起業しない起業へ

  • 9

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月