最新記事

極小カメラ

体内に注射できるほど小さなカメラを3Dプリンターで作成

2016年7月4日(月)16時00分
山路達也

<3Dプリンターを使って出力された、わずか100マイクロの塩つぶ大の極小カメラが、独シュトゥットガルト大学などの研究チームによって発表された>

 人体の内部を覗くためのカメラは、驚くべき進化を遂げている。鉗子を備えて手術も行える内視鏡はすでに実用化されているし、口から飲み込んで消化管内部を撮影するカプセル型内視鏡も普及が進みつつある。

 それでもなお、[2016年6月に独シュトゥットガルト大学などの研究チームが発表]したカメラは驚異的である。

 このカメラは幅100マイクロメートルと、塩の粒大。3枚のレンズで構成されており、光ファイバー(こちらも髪の毛2本分ほどの細さだ)に3Dプリンターからレンズを直接出力して取り付けたデバイスも開発されている。

yamaji2.jpg

 光ファイバーだけでなく、デジカメなどに使われているイメージセンサー上にレンズを出力することも可能だという。

 レンズは"direct laser writing"という3Dプリンティング方式で作られており、設計から製造、試験まで数時間しかかからない。カメラは対象物より3.0ミリメートルの距離からフォーカスを合わせることができ、1.7メートルの光ファイバーを通じて撮影画像を転送することに成功している。

 カメラのサイズが極めて小さいため、将来的には注射針に取り付けて、臓器や脳の内部を撮影するといった応用が考えられる。マイクロロボットの「眼」として、産業分野でも広く使われるようになりそうだ。


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=大幅上昇、S&P主要11業種全てプラ

ビジネス

世界的景気後退、財政・金融政策整合的なら回避可能=

ビジネス

FRBの「仕事終わっていない」、インフレ鈍化初期の

ワールド

英ヒースロー空港、旅客数制限を10月終盤に解除へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング