最新記事

ウクライナ紛争

【拷問】プーチンが牛耳るウクライナ東部で捕虜の身に起こったこと

Vladimir Putin's Reign of Torture and Kidnapping in Ukraine

ウクライナからの分離独立を掲げる親ロシア派がウクライナ兵や住民に与えた責め苦

2015年12月24日(木)18時00分
ハルヤ・コイナッシュ

こちらは併合済み クリミアの首相(右から2番目)らに指示を出すプーチン・ロシア大統領 Michael Klimentyev/Sputnik/Kremlin-REUTERS

 ウクライナからの分離独立を求める親ロシア派とウクライナ政府軍が戦闘を繰り広げる東部ドンバス地方で、親ロシア派武装勢力の捕虜になったウクライナ兵の87%以上と市民のざっと50%が、拷問や虐待を受けていたと、ウクライナの人権団体が明らかにした。しかも、そうした「取り調べ」の約40%では、表向きは紛争に関与していないはずのロシア出身の傭兵や自称ロシア軍兵士が主要な役割を果たしていたという。

 地元の人権団体「ドンバスの平和のための正義連合(以下、「正義連合」)」は、「地獄を生き延びた人々」というタイトルの報告書を発表した。主に、親ロシア派武装勢力の捕虜になった兵士と市民165人への聞き取り調査に基づいている。

 悲痛なことに、拷問を免れた者も、他の者が拷問されるのを目撃したり耳にしたと報告している。また調査対象になったウクライナ兵の3分の1と市民の16%は、拷問死を直に目撃した。

医者も拷問に参加

 報告書の作成者の一人であるオレフ・マルティネンコは、捕虜や人質が置かれてきた状況は、捕虜や一般人を人道的に扱うべきとするジュネーブ条約に違反だと述べている。

 監禁場所の3分の2では医療設備も医者もいない。だが忌まわしいことに、医者がいるほうが危険な場合もあった。医者が拷問に加わっていたのだ。拷問を続けられるように、気絶した捕虜の意識を回復させていたという。

 拷問の加害者にロシアの軍人と傭兵が多かったのは予想外だったと、マルティネンコはいう。これは戦争犯罪でロシアを告発する根拠になるという。

 捕虜交換を請け負う団体によれば、2015年2月の停戦合意を受け、7月1日までに約25万人のウクライナ人捕虜が解放されたが、500人がまだ囚われの身のままだ。ウクライナ内務省は、6000人以上が捕虜になったか行方不明になり、1500人がまだ安否不明だと発表している。

 今回の調査によると、親ロシア派勢力の捕虜になった人々の大半は、親ロシア派が支配下に置いた地域の住民だ。正当な理由もなく自宅や職場から連れ出され、略奪に遭うケースも多い。誰もが標的にされかねない、と「正義連合」は指摘している。

 ある男性は、親ロシア派のシンボルである「聖ジョージのリボン」を飾った迷彩服姿の男6人が、カラシニコフ銃を振りかざしながら家に乱入し、年老いた母親を殴り倒したという。男性は後ろ手に縛られ、兵士たちは男性のパソコンや電話、財布を奪い、ウォッカのボトルまで持ち去ったという。

ニュース速報

ワールド

OPEC生産量、3カ月連続で減少の見通し UAE減

ビジネス

ドル、主要通貨に対し上昇 欧米金利差への思惑で=N

ビジネス

米S&P500上昇、エネルギー・消費関連株に買い

ワールド

英がEU離脱正式通知、メイ首相「後戻りしない」

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 2

    王毅外相「日本は『心の病』を治せ!」――中国こそ歴史を直視せよ

  • 3

    東芝は悪くない

  • 4

    困窮エジプトの無謀な宇宙開発

  • 5

    レギンスパンツで搭乗は不適切? ユナイテッド航空…

  • 6

    韓国の次期「左派大統領」が進む道

  • 7

    トランプの娘婿でイバンカの夫、クシュナーの素性

  • 8

    アップルがいまiPhone「レッド」を出す3つの理由

  • 9

    実はアメリカとそっくりな「森友学園」問題の背景

  • 10

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 5

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 6

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 7

    東芝は悪くない

  • 8

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 4

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

  • 10

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月