最新記事

イラク

IS敗走後に集団墓地と数100人の遺体

More Yazidi Mass Graves Discovered Near Sinjar by Iraqi Officials

イラクの少数派ヤジディ教徒をISは大量に虐殺した

2015年12月1日(火)17時30分
ルーシー・ウェストコット

「解放軍」 シンジャールの奪還に向かうクルド人民兵ペシュメルガ Ari Jalal-REUTERS

 イラク北部のシンジャール付近で、少数派ヤジディ教徒の多数の遺体を埋めた集団墓地が次々と発見されている。遺体の少なくとも一部は生き埋めにされたものだという。

 BBCの報道によると、イラク当局は先週、110人以上の遺体が埋まった場所を発見した。場所はシンジャールから約10キロ西で、シンジャールが敵の手に落ちた場合備えて手製爆弾(IED)が仕掛けられていたと、アルジャジーラが伝えている。

若い女は売り、年寄りは生き埋め?

 先週末にはイラク当局が、さらに3カ所の集団墓地を発掘。遺体の数は合わせて80~100人分になるという。これでイラク当局が発見したヤジディ教徒の集団墓地は少なくとも7カ所にのぼる。2週間前には、ヤジディ教徒の女性ばかり40~80人の遺体が埋められた場所が見つかった。性奴隷として売ったりレイプするには「年を取り過ぎている」とみなされた女性たちのようだ。

 2014年8月にイラクとシリアを結ぶ要衝シンジャールを制圧したISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)は、この地に住むヤジディ教徒を異教徒とみなして暴虐の限りを尽くした。男性は殺害され、何百人もの女性と少女は性奴隷として捕らえられ、残ったヤジディ教徒はシンジャール山の山頂に逃れたが、そこでもイスラム教への改宗を無理強いされ、拒めば殺害された。

 アメリカ主導の有志連合はその直後からシンジャールのISISに空爆を開始。今年11月には、空爆による支援を受けて、シリアの少数民族クルド人民兵組織ペシュメルガが地上で猛攻を仕掛け、シンジャールを奪還した。

 ISISが敗走した後には多くの集団墓地が残された。

 ISISはヤジディ教徒、ならびに他の宗教・民族的マイノリティーを大量に殺害し、「ジェノサイド、戦争犯罪、および人道に対する罪を犯した疑いがある」と国連は述べている。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮で揺れを観測と中国当局、韓国は「自然の地震」

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 3

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 4

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 8

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 8

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月