最新記事

中国

バラエティ番組も禁止の「軍事パレード」仰天舞台裏

For the Parade in Beijing

抗日戦勝記念式典で、北京五輪以上の全体主義的な厳戒態勢が取られた理由

2015年9月3日(木)11時56分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

この日のために 市民生活を犠牲にした超厳戒態勢で準備が進められた(9月1日、軍事施設での予行演習) Stringer - REUTERS

 2015年9月3日午前9時、北京市で抗日戦争勝利70周年記念・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念の閲兵式(軍事パレード)が開催された。事前の報道によると、参加兵士数は1万2000人と過去最大。さらに軍用機200機、兵器500台が参加する予定で、その80%超が初披露の新型兵器だという。

 今春、閲兵式の開催が発表された際、喜んだ人々の多くは「軍事オタク」だった。かつての中国では、男の子のホビーといえば軍事関係が中心だ。今でも30代以上には軍事オタクが多く、雑誌やテレビ番組も多い。軍事オタク以外の一般市民はというと、無関心、あるいは厄介ごとが増えるだけとの声が多かった。その不安は的中している。勇壮な閲兵式の裏側では、常軌を逸した「労民傷財工程」(国民に苦労をかけ財産を無駄にする政府のプロジェクト)が行われている。その信じられないエピソードをいくつか紹介しよう。

レストラン営業禁止、空港使用禁止など市民生活が犠牲に

 昨年のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議では工場の一時操業中止、乗用車の走行制限が導入された。期間中は見事な青空となり「APECブルー」と呼ばれたが、今回は「閲兵式ブルー」の実現のためにさらに強力な取り組みが行われている。1万2000もの工場が一時操業中止を強いられたほか、北京市近隣の発電所やボイラーもストップされた。閲兵式当日はボイラーを動かせないため、ある大学学生寮では浴場が使えなくなったという。さらにレストランや屋台まで営業中止となったほか、農村部では煮炊きのためのかまどの使用中止まで通達された。また閲兵式のルートではほこりが舞わないよう、念入りにふき掃除まで行われている。

 同じ空の話では空域の大混雑もある。閲兵式実施中には3時間にわたり空港の使用が禁止されるほか、2週間以上前から市上空の飛行制限空域が拡大された。演習用の空域確保が目的だという。もともと北京といえば軍事演習に伴う航空便の遅延が多いことで有名だが、さらに悪化しているのが現状だ。空軍基地の周囲では、サルによる巣の除去が行われているという。訓練されたサルが巣をゆすって落とし、鳥を基地から遠ざけるという。また市内ではハヤブサを使って鳥を追い払っている。

 治安維持も凄まじい力の入れようだ。警察、武装警察に加え、80万人を超える治安ボランティアが動員された。また刃物の購入には身分証の提示と実名登録が必要になったほか、2日夜から市内中心部は居住者以外の立ち入りが禁止された。居住者にも3日は出歩かないようにとの通達が出ている。レストランや食材市場も多くが閉鎖されるため、閲兵式前後は自宅に籠城しなければならないとインスタント食品を買い込んだ人もいる。いやそればかりか、行進ルート近隣の住民にはカーテンを開けるな、のぞき見するなとの通達もあった。市内各所に軍の狙撃兵が配備されテロを警戒しているため、カーテン越しにのぞき見すればテロリストと誤認して射殺されかねないとの理由だ。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、来年は2回の利上げ実施の見通し=ブラック

ビジネス

英中銀、性急な利上げはリスク伴う=ハルデーン理事

ビジネス

ブレイナードFRB理事、「フィンテック」の恩恵とリ

ビジネス

米雇用者数、11月は17.8万人増 失業率は約9年

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃなかった

  • 3

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだった

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    7年後はマイルで宇宙へ? ANAとHIS、有人宇宙機運…

  • 6

    【動画】 ペットボトルを便利なヒモに変身させるカッ…

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    警官の集団墓地、石打ち、化学兵器──ISIS最大拠点モ…

  • 10

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 1

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系シンクタンクが分析

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 4

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 5

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 9

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 10

    米国へ向かう中米移民急増 トランプ就任目前で駆け…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 6

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 7

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 8

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 9

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月