最新記事

アフガニスタン

打倒ISISで2大テロ組織が共闘

Afghanistan

あのアルカイダが自らタリバンの軍門に下るほどの非常事態とは

2015年8月31日(月)13時01分
アレッサンドリア・マシ

最高指導者 アルカイダのザワヒリはタリバンへの忠誠を表明 REUTERS TV-REUTERS

 アフガニスタンとパキスタンは、3つの主要なイスラム過激派テロ組織が併存する唯一の地域だ。その1つであるISIS(自称イスラム国、別名ISIL)が勢力を拡大させるなかで、これまで緩やかに連携してきた残る2つの組織、アルカイダとタリバンの合体が加速する可能性が出てきた。

 ISISは昨年以降、中東だけでなくアフガニスタンとパキスタンへ本格的に進出している。一方のタリバンは、ISISの台頭に加えて、最高指導者ムハマド・オマルの死により打撃を被っていた。タリバンは先月末、13年にオマルが病死していたと明らかにしたばかりだ。

 しかし先週、タリバンの立場を大幅に強める動きがあった。アルカイダの最高指導者アイマン・アル・ザワヒリがタリバンへの忠誠を表明したのだ。「(ウサマ・)ビンラディン指導者や殉教した同志たちがオマル師に忠誠を誓ったように、私も忠誠を誓う」と、ザワヒリ(とされる人物)はネット上に公表された録音メッセージで述べた。

ISISに広大な土地を奪われたタリバン

 オマルの後を継いだアクタル・ムハマド・マンスールは、一部の有力タリバン幹部とアルカイダ系グループから最高指導者として認められていなかったが、ザワヒリの忠誠表明により、リーダーとしての正統性が強まるかもしれない。これでタリバンとアルカイダの一体化も進む可能性がある。

ニュース速報

ワールド

カナダ、木材巡る米との対話で前進、合意はまだ見通せ

ビジネス

トランプ米政権、税制改革案の概要発表 法人税15%

ワールド

北朝鮮の脅威増大、必要なら空母で攻撃可能=米軍司令

ビジネス

ドル、上昇幅を縮小 米税制改革案の発表が失望誘い=

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方--環球時報を読み解く

  • 2

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 3

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 4

    米軍、北朝鮮ミサイル迎撃用THAADを韓国南部に搬入開始

  • 5

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 6

    中朝同盟は「血の絆」ではない。日本の根本的勘違い

  • 7

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」--欧州にもくす…

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 10

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 5

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 6

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 7

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方--環球…

  • 8

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    北朝鮮・シリアの化学兵器コネクション

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 10

    ユナイテッド機の引きずり出し事件に中国人激怒、の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月