最新記事

新冷戦

ロシア戦闘機がNATO演習に「乱入」

ウクライナ紛争で緊張が高まる中、軍事演習中の米艦船の上空に戦闘機を飛ばすロシアの意図は

2015年6月10日(水)17時18分
クリストファー・ハーレス

新たな緊張 米海軍はロシア軍機の動画を公開(写真は似たタイプの戦闘機) Sergei Karpukhin-REUTERS

 それはまるで、米ソ冷戦を描いた映画のワンシーンのようだった。今週初めのある夕方、バルト海の公海上で行われていたNATO(北大西洋条約機構)の合同軍事演習「BALTOPS 2015」の最中に、ロシア軍機が飛来。艦船や航空機の上空を飛行した。

 米強襲揚陸艦サン・アントニオの海兵隊員がその撮影に成功し、米海軍がユーチューブに動画を公開した。それを見ると、艦船の上空を2機の未確認ジェット機が低高度、高速度で飛んでいるのがわかる。

「ロシア空軍のおかげで、米海軍と海兵隊は演習中に航空ショーを楽しめた」と、皮肉たっぷりの説明文が動画には付いている。


 この合同軍事演習には、艦船に加え、5600人の地上部隊が参加。6月5日に始まり、19日まで続く予定だ。米海軍の公式サイトによれば、海上演習の目的は「幅広い作戦領域における協力体制、知識、技術を維持し、個々の部隊及び多国籍軍の能力を高めること」だという。

 最近はバルト海だけでなく黒海でも、ロシア軍機が米海軍の軍艦上空に現れ、騒ぎになった。

NATO諸国の領空侵犯を繰り返す

 今回の軍事演習にはNATO加盟の14カ国に加え、フィンランド、スウェーデン、ジョージア(グルジア)が参加したが、事前のNATOによる発表によれば特定の脅威を対象とするものではなく、現に今年で43年目となる恒例の演習だ。

 しかし今年はその重要性がかつてないほど高まっており、ロシア機「乱入」も偶然とは思えない。昨年3月、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナ南部のクリミア自治共和国を併合。その後も1年以上、ロシアはウクライナ東部の親ロシア派武装勢力を支援しており、欧米との関係は非常に悪化している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=大幅上昇、S&P主要11業種全てプラ

ビジネス

世界的景気後退、財政・金融政策整合的なら回避可能=

ビジネス

FRBの「仕事終わっていない」、インフレ鈍化初期の

ワールド

英ヒースロー空港、旅客数制限を10月終盤に解除へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング