最新記事

シリア

ISIS「脱走兵増加」で新たなテロが幕を開ける?

2015年2月24日(火)15時33分
アレッサンドリア・マシ

 シリアからの脱走兵はトルコに向かうのが一般的だ。そこからISIS外国人戦闘員の最大の供給源の1つであるチュニジアへ。あるいは観光を装ってギリシャへ入った場合、ヨーロッパのパスポートさえあればユーロ圏内を自由に移動できる。

 帰国後は既存のテロ組織と連携する場合が多い。こうしたテロ組織の一部は何十年も活動していて、以前はアルカイダとのみ組んでいたが、現在はISISともアルカイダ系組織とも連携している。「連中は誰とでも手を組む。死なない限り、活動を続けている。離脱者はめったに出ない」とクラウゼンは言う。

 もちろん、偽脱走兵ばかりではない。軍事経験が乏しい新入りの外国人戦闘員の多くは自爆テロ要員にされるため、「殉教」が嫌で逃げ出す者、ヨルダン軍パイロットの「処刑」に納得できない思いを抱える者もいる。「金を手にしたら逃げる戦闘員も多い」とラカウィ。「疲れた、有志連合の空爆に耐えられない、ISISは善良ではないなど、脱走の動機はさまざまだ」

[2015年2月24日号掲載]

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ノルドストリーム損傷、破壊工作の疑い強まる=スウェ

ビジネス

VW、中国でソフトウエアの合弁計画 10億ユーロ投

ワールド

インドネシアのサッカー暴動、警察官ら6人を刑事訴追

ビジネス

8月実質賃金1.7%低下、物価上昇で5カ月連続マイ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 4

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 5

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 10

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月