最新記事

アフガニスタン

3度目の大幅増派に飛び付くな

A Third Surge?

優柔不断と言われてもオバマは増派以外の道を検討すべきだ

2009年11月26日(木)14時40分
ファリード・ザカリア(国際版編集長)

 ディック・チェイニー前米副大統領は、バラク・オバマ米大統領のアフガニスタン政策を「優柔不断」と批判している。オバマが中途半端な情報に基づいて早く結論を出せば、チェイニーはその勇気と決断力を認めるかもしれない。しかし、時間をかけてあらゆる選択肢を検討し、大統領選後のアフガニスタン情勢を今しばらく見てから決断を下すのも悪くない。

 アフガニスタン政策で問うべきは「大幅増派は必要か」ではなく、「3度目の大幅増派は必要か」だ。08年1月時点で、駐留米軍の規模は2万6607人だった。その後の半年間で、ブッシュ政権は4万8250人まで兵員を増やした。

 ジョージ・W・ブッシュ前大統領はこれを「静かな増派」と呼び、大規模な駐留が必要な理由としてお決まりの議論を持ち出した。米軍はイスラム原理主義勢力タリバンと戦うだけでなく、地元の人々を守り、アフガニスタンの軍と警察の訓練を行い、復興支援も行わなければならない、というものだ。

 09年1月、オバマ政権発足直後に、ブッシュが既に命令を下していた3000人の増派が実施された。さらに翌月、現地の司令官からの要請に応じて、オバマは1万7000人の追加増派を命じた。

 つまり、この1年半でアフガニスタン駐留米兵は3倍近く増えたわけだ。さらに今後数カ月間で4万人が送り込まれれば、08年1月のほぼ4倍に増えることになる。

 これまでの増派はなぜ効果を挙げなかったのか。なぜ今後の増派では効果が挙がると言えるのか。そうした点をじっくり検討することは「優柔不断」ではない。

 追加派遣の兵員数をめぐる議論は、まったく本質からずれている──こう喝破したのは、4万人の増派を要求したアフガニスタン駐留米軍のスタンリー・マクリスタル司令官だ。マクリスタルはアフガニスタン情勢を詳細に分析した報告書で、「最も重要な教訓は、米軍の戦略を大幅に変更することが急務であるということだ」と結論づけている。

誤った戦略が招いた悲劇

 これまでの米軍の戦略を知るには、アフガニスタン南東部クナル州の寒村ワナト村での戦闘を見るといい。08年7月13日、ワナトに設けられた米軍基地をタリバン兵士が包囲。数時間にわたる激しい戦闘で、米兵9人が死亡した。何年もの間、1回の戦闘でこれだけの犠牲者が出たことはなかった。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    「新時代の中国」は世界の人権を踏みにじる

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    トランプの強気が招く偶発的核戦争

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    北朝鮮、オーストラリア議会などに書簡「米国からの…

  • 9

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 10

    ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月