最新記事

科学

科学捜査ドラマの魔法は幻想だ

But It Works on TV!

飛躍的に進歩したと思われがちな鑑識には落とし穴がいっぱい

2010年5月21日(金)15時17分
シャロン・ベグリー(サイエンス担当)

印刷

 アメリカ人は『CSI:』シリーズや『BONES─骨は語る─』など、科学捜査ドラマが大好き。だから鑑識の専門家のあの証言を陪審員が信じたのも無理はない。

 ニューヨーク州で89年に開かれた殺人事件の裁判で、鑑識の専門家は被告のトラックに残された繊維などの分析結果を詳細に説明し、犠牲者のものだと断言。さらに、トラックに付いていた泥も犯行現場のものと一致したと語った。結局、陪審員は有罪評決を下した。

 歯形や砂粒などから犯人を突き止めるドラマなら、これで一件落着。しかし現実世界のこの評決は、後にDNA鑑定で覆された(服役していた男性は08年に釈放)。

 これは特殊なケースではない。DNA鑑定で冤罪の撲滅を目指す非営利団体「無実プロジェクト」は89年以来、252人の潔白を証明したが、そのうち半数が少なくとも部分的に「検証されていない、もしくは不適切な鑑識科学」に基づいた評決だったという。

 米国科学アカデミー(NAS)は09年の報告で、指紋などの痕跡を分析する際の驚きの事実を明らかにした。分析の対象となる靴や歯、繊維、砂粒などが、別の靴などと「どれくらいの共通点や似た特徴を持っているか」は、まったく研究されていないということだ。

 これでは証拠をたどっても別人につながりかねない。NASの報告は、実効性なき鑑識科学が冤罪を招いてきた「可能性がある」としている。

証拠を捏造するケースも

 可能性どころではない。足跡を証拠にレイプと殺人の罪を着せられたアイダホ州の男性は、死刑囚として18年間服役。ルイジアナ州でも、レイプされた女性の体に付いていた歯形が一致したとされた男性が有罪の評決を受けた。どちらもDNA鑑定で冤罪が判明した。

 残念ながらNASの報告を読む陪審員は少なく、状況は変わっていない。NASが訴える米国鑑識科学アカデミーの設立に向けた動きはなく、精度向上への努力を表明した分野は、歯形、筆跡、足跡などの「パターン認識」の中では精度が高い指紋だけだ。

 検察官も疑わしい鑑識科学に基づいた立件は嫌がるだろうと、無実プロジェクトのニーナ・モリソンは言う。マサチューセッツ州では、ある連邦判事が弁護士に対し、これまで有効とされてきた鑑識法にも積極的に異議を申し立てるよう指示した。さらに検察官に対しても、科学的裏付けを固めるよう申し伝えた。

 そんな改革者にとっての思わぬ助っ人が、人類学者キャシー・ライクス。犠牲者の骨を分析し事件を解決するドラマ『BONES』の原案となった小説の著者だ。09年の著書『206の骨』でライクスは鑑識専門家を救世主扱いする大衆文化を非難。陪審員は「いいかげんな科学を見分けられない」し、「お粗末な方法論や不正」が横行する鑑識法もあると警告した。

 彼女の主張を裏付けるように、3月にはネブラスカ州の鑑識主任が犠牲者の血を被告の車に故意に付着させた罪で有罪になった。

金で買える専門家の肩書

 8月に出版されるライクスの新著『蜘蛛の骨』は、遺体の身元確認の間違いをテーマに、証拠の危うさを浮き彫りにする。

 私の取材でもライクスは手厳しかった。「陪審は『BONES』や『CSI:』を見て、科学の力でいつも事件を解決できると思い込んでいる」とライクスは語る。

 NASの報告を受け、今では鑑識専門家の多くが「手順、再現、信頼性」をより確かにする必要があると認めている。しかし抵抗派もいる。ライクスいわく、パターン認識の中でも実証データがほとんどない分野の専門家だ。この分野の技術は不確かで、歯形が誰のものかどころか「歯形かどうかも分からないことがある」という。

最新ニュース

ビジネス

米史上最大の減税、法人税15%に引き下げへ=財務長官

2017.04.26

ビジネス

焦点:主要生損保の資産運用、「模索の時代」 17年度は一段と多様化

2017.04.26

ビジネス

新規資金は約1.6兆円、オープン外債と外国株増加=日本生命運用計画

2017.04.26

ビジネス

中国、金融の安全性維持で対策必要━国家主席=新華社

2017.04.26

新着

核戦争

地球規模の破壊力示したトランプ──1人の人間が終末時計を進めたのは初めて

2017.01.27
中国

「中国がネット検閲回避のVPNを全面禁止」は誤報です

2017.01.27
アメリカ政治

トランプ政権が国務省高官を「一掃」 イスラム移民排除への布石か

2017.01.27
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2017.5. 2号(4/25発売)

特集:国際情勢10大リスク

2017.5. 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

■国際情勢 リーダーなき世界が生むリスク
リスク1 北朝鮮  金正恩の高笑いが止まらない理由
リスク2 韓国  「進撃の左派」が同盟関係に暗雲を
リスク3 ドナルド・トランプ  「即興」外交を操る世界最大の権力者
リスク4 仏大統領選  フランスが選ぶ「変革の顔」は?
■欧州経済  「ルペン当選」でユーロ離脱の深刻度
リスク5 ロシア  本当に怖いのはプーチンのパラノイアだ
リスク6 中国  習近平は毛沢東になるのか
■米中関係  それでも危ないアメリカと中国の仲
リスク7 トルコ  エルドアンは独裁への道を歩むのか
リスク8 ポピュリズム  大衆迎合主義が世界を非道な争いの地にする
リスク9 イラン  穏健派の落選で再び欧米と対立?
リスク10 国連  国際機関に終わりの日が迫る
■ブレグジット/ISIS/ASEAN/南アフリカ/金融危機/ドイツ
■人道問題への不感症が危機を生む
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース