最新記事
セレブ

テイラー・スウィフトに「口パク」疑惑...ライブ映像にさまざまな憶測...あなたはどう思う?

Taylor Swift Faces Fresh Lip-Syncing Allegations

2024年5月17日(金)12時20分
ライアン・スミス
テイラー・スウィフト Brian Friedman-Shutterstock

テイラー・スウィフト Brian Friedman-Shutterstock

<疑惑は2月の東京公演の動画についても浮上していた>

テイラー・スウィフトのライブステージ公演が口パクに見えるといわれた動画をめぐり、ファンから激しい反応が巻き起こっている。

【動画】テイラー・スウィフトに「口パク」疑惑...ライブ映像にさまざまな憶測...あなたはどう思う?

テイラー・スウィフトは現在、大盛況の「Eras Tour」ヨーロッパ公演中。興行収入は昨年、ツアー史上初めて10億ドルを突破した。

スウィフトはアジアとオーストラリアの日程をこなした後、休暇をはさんで先週、パリでツアーを再開した。4月にリリースした最新アルバム「The Tortured Poets Department (TTPD)」に収録した新曲なども紹介している。

コンサートは3時間以上に及び、全部で44曲を、スウィフトのキャリアのさまざまな時期を代表する10章に分けて披露する。

北米からスタートして世界各国をめぐるツアーと同時進行で、ファンはスウィフトのパフォーマンスを撮影した大量の動画をSNSに投稿している。

パリ公演のスウィフトの動画を5月13日にX(旧ツイッター)に投稿したユーザーは、ヴォーカルをめぐる疑問を投げかけた。

問題の動画は、スウィフトがTTPDに収録した「I Can Do It With a Broken Heart」を歌いながらダンスを踊るエネルギッシュな場面。

この動画を投稿したユーザーは、「嫌なことを言うつもりはないけれど......口パクってみんな分かるよね?」と書き込んだ。

本稿執筆時でこの動画は250万回以上再生されている。本誌はスウィフトの代理人に電子メールでコメントを求めた。

この投稿に対してスウィフトファンからのコメントが殺到した。

「コンサートで本人を見た者として、口パクじゃなかったことは保証できる。ライブの声は、レコードとは全然違った」とファンの1人は言う。

「どう説明すればいいのか、でも彼女の声はもっと高く、もっと深くて、彼女が満員のスタジアムで公演するために一層努力しているのが聴き取れた」「彼女の歌を聴いて最初に思ったのは、アルバムとは全然違うということだった」

別のユーザーも「ほとんどのアーティストはバッキングトラックを使用する」とスウィフトを弁護した。「激しい振り付けを伴う3時間以上の公演が3~5夜連続。全部歌い続けるなんて体力的に不可能だし不健康」

「口パクだと必ず言われるほど、ライブヴォーカルが素晴らしいテイラーが大好き」というファンもいた。

さらに別のユーザーは、スウィフトを中傷する人たちについて「自分の心を決められない。彼女は歌えないと言っておきながら、彼女が歌えない歌に合わせて口パクしているととがめる」と不満をぶつけている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国・佳兆業の会長が深セン訪問、債務再編へ当局と面

ビジネス

アングル:本格利下げ観測、主要各国で消滅 市場の期

ビジネス

JPXがTOPIXの定期入れ替え実施へ 銘柄120

ビジネス

中国「618」セール盛り上がり欠く、期間延長も財布
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中