最新記事
セレブ

リアーナ、インド大富豪の結婚祝いでライブも「怠慢」「プロじゃない」と酷評の嵐 アフターパーティーではノリノリで腰振る姿も

2024年3月8日(金)14時30分
千歳香奈子
リアーナ

リアーナ(2018年9月、ニューヨーク) lev radin-Shutterstock

<ロングスリーブのシースルードレスで登場し、17曲を披露したリアーナ。あまりに冴えないダンスに「おめでた?」と、第3子の懐妊を疑う声まで上がったが──>

歌姫リアーナが、3月1日にアジアで最も裕福なインドの資産家の御曹司アナント・アンバニの結婚プレパーティーで8年ぶりとなるフル・ライブを行うも、パフォーマンスがあまりにもお粗末だとネットを騒がせている。

【動画】インド大富豪の結婚祝いで「面倒臭そう」に踊るリアーナ、アフターパーティーではノリノリで腰振る姿も

昨年8月に第2子を出産したリアーナがステージに立つのは、昨年のNFL王者決定戦スーパーボウルのハーフタイムショーに登場して以来1年ぶり。総資産1170億ドルとされる大富豪からの招待で御曹司と婚約者のためにパフォーマンスを行ったリアーナのギャラは、600万ドルともいわれている。パーティーには、ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグ、イヴァンカ・トランプら米国からも多くの大物ゲストが招待され、リアーナは約1200人の招待客の前でパフォーマンスを行った。

ロングスリーブのシースルードレスを身に纏ってステージに登場したリアーナは、ヒット曲「Work」や「All of the Lights」など17曲を披露した。ネットにパフォーマンス動画が大量投稿されると、それを見たユーザーたちの間でテンションの低さが話題となった。

「これまでで最も怠慢なパフォーマンス」「会場も盛り上がっていない」「熱意が感じられない」と非難が相次ぎ、「何百万ドルももらっているのに、これは何なの? 彼女は美しいけど、プロフェッショナルじゃない」「何年もアルバムすら出していないのに」と厳しい意見も寄せられ、ネットは酷評の嵐となった。

あまりに冴えないダンスに「おめでた?」と、第3子の懐妊を疑う声まで出ていたが、アフターパーティーでは一転して腰を振りノリノリで踊る姿がキャッチされた。ボリウッド女優ジャンヴィ・カプールらゲストと体を密着させて踊り、トゥワークまで披露してみせた。しかし、ここでも「インドのダンスは踊れない」「(ジャンヴィに)負けた」と批判を浴び、「お金があれば欲しいものは何でも手に入る」と皮肉られている。

ライブを終えたリアーナは、集まったカメラマンや警察官らと記念撮影に応じるなど終始上機嫌で、パパラッチと肩を組む写真まで拡散されている。「天文学的なギャラといくつかの贈り物を手にインドを去った」と皮肉るメディアもあり、出稼ぎパフォーマンスが思わぬ批判を浴びている。

[筆者]
千歳香奈子
北海道・札幌市出身。1992年に渡米し、カリフォルニア州サンタモニカ大学で写真を学ぶ。96年アトランタ五輪の取材アシスタントとして日刊スポーツ新聞社アトランタ支局に勤務。ロサンゼルス支局、東京本社勤務を経て99年よりロサンゼルスを拠点にハリウッドスターら著名人へのインタビューや映画、エンターテイメント情報等を取材、執筆している。日刊スポーツ新聞のサイトにてハリウッド情報や西海岸のトレンドを発信するコラムも寄稿中。著書に『ハリウッド・セレブ』(学研新書)。

20240618issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月18日号(6月11日発売)は「姿なき侵略者 中国」特集。ニューヨークの中心やカリブ海のリゾート地で影響力工作を拡大する中国の「ステルス侵略」

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら

ビジネス

米国株式市場=ナスダック5日連続で最高値更新、アド
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 7

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 8

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 9

    この10年で日本人の生活苦はより深刻化している

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中