最新記事

女優

「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾った大物女優の写真に賛否両論

Jennifer Aniston Allure Cover Slammed by Piers Morgan

2022年11月13日(日)19時55分
エマ・メイヤー

ジェニファー・アニストン(2018年6月) Mario Anzuoni-Reuters

<ブラッド・ピットの元妻としても知られる女優ジェニファー・アニストンの大胆な水着姿に、人気司会者がかみついたが...>

女優のジェニファー・アニストン(53)が、極小ビキニで雑誌「アリューア」の表紙を飾り、話題となっている。イギリスの人気テレビ司会者ピアーズ・モーガンからは「悪趣味」と批判されたが、ファンたちは「美しい」「どこが問題なんだ」と反論し、アニストンの大胆な水着姿をめぐって「論争」も起きている。

■【写真】ダサい? 美しい? 賛否両論を呼んだアニストンのシャネル水着姿

アニストンは同誌12月号の表紙で、シャネルの1996年コレクションのシンプルな黒のマイクロビキニのトップと、サンローランのスカートを着用。表紙には「いま隠すことは何もない」という彼女の言葉が添えられている。

この写真に対し、モーガンは11月9日、「ああ、ジェニファー......すごくダサい」とツイッターに投稿した。

すると、アニストンのファンたちは彼女を擁護し、「彼女は信じられないほど美しい。何が問題なんだ」「彼女は美しい。何に文句を言っているのかわからない」などとコメントを書き込んだ。

あるユーザーは、モーガンが上半身裸で屋外で寝ている写真を投稿し、「ああ、ピアーズ......すごくダサい」とコメントを付けて反撃した。

■【写真】「ああ、ピアーズ......すごくダサい」の写真

モーガンの批判とは裏腹に、ネット上ではアニストンの多くのファンが、彼女の姿を絶賛している。「とにかく素晴らしい、オーマイゴッド! ジェニファー・アニストンは53歳。ワオ!」とTVホストのデニス・サルセドは投稿した。「神は女性であり、その名はジェニファー・アニストンだ」と別のユーザーはコメントした。

体外受精を試みた過去を告白

アニストンはアリューア誌のインタビューで、不妊に苦しんだ過去や、体外受精を試みたことを告白している。「何年も何年もいろいろ憶測されて......本当に辛かった。体外受精をしたり、中国のお茶を飲んだり、何でもやった」とアニストンは語っている。

「もし誰かが『自分のために卵子を凍らせなさい』と言ってくれていたら、なんでもしたのに。そんなことは考えなかった。そして今の私がある。時すでに遅し、だ」

ブラッド・ピットとの5年間の結婚生活は2005年に終わりを迎え、その後、俳優のジャスティン・セローと2015年に結婚。しかし、2017年末に離婚していたことを翌年発表した。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米欧のウクライナ武器支援、ロシア国防相が事態エスカ

ビジネス

EUが「永遠に残る化学物質」禁止案、業界に代替物確

ビジネス

中国の高級品市場、昨年10%縮小 今年は回復へ=調

ビジネス

訂正(会社側の申し出)ソフトバンクG、10─12月

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月