最新記事

エンターテインメント

K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

2020年8月3日(月)21時15分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

K-POPコンサートを中心に韓国カルチャーを紹介するイベント「KCOM in LA」で。REUTERS/Mike Blake

<CDや音楽配信のチャートやネットフリックスのランキング上位に並ぶ韓国のコンテンツ。だが、もっと世界で売れているものは──>

韓国のエンターテインメントと言えば、今やグローバルに活躍するK-POPアイドルはもちろん、『愛の不時着』『梨泰院クラス』など大ヒットしている韓流ドラマ。また今年は2月には映画『パラサイト 半地下の家族』の米国アカデミー4冠に輝き、もしもコロナウイルスのパンデミックが無ければ世界中で韓国映画の大ブームが起こったであろうと言われるほどのコンテンツ大国だ。

さて、そうするとどのジャンルが一番輸出額を稼いだのか気になるところだが、韓国の文化体育観光省と韓国コンテンツ振興院が、7月7日発表した資料「2019年下半期及び年間コンテンツ産業動向分析報告書」によると、韓国コンテンツ一番の稼ぎ頭は、K-POPや韓流ドラマではないという。

「コンテンツ産業動向分析報告書」とは、11の代表的なコンテンツ分野(ゲーム/キャラクター/知識情報/音楽/放送/コンテンツソルーション/アニメ/CM/漫画/映画/出版)の輸出入額などを分析し発表したものである。2500にも上る関係各社へ聞き取りや、122社の上場会社の実績などを調査して、年間単位で韓国のコンテンツ概要がまとめられている。

ワンソースマルチユースでコンテンツ輸出増加

2019年の韓国コンテンツ輸出額は、前年度より全体で8.1%増加し、約103億9000万ドルと好調だった。これには様々な理由があるが、その一つに、ワンソースマルチユースを韓国も本格的に取り組みだしていたが、それが成果を見せ始めたためと言われている。

ワンソースマルチユースとは、ゲームやWeb漫画、アニメなど1つのソースで多様なジャンルのコンテンツにすることを言い、これまでは日本がお得意としていたコンテンツ活用法だ。

またK-POPでは、BTS防弾少年団とBLACKPINKなど韓国アイドルグループのグローバル人気で前年比13.4%増とコンテンツ輸出額増加に貢献している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア軍動員令での誤り、全て正すべき─プーチン大統

ワールド

ロシア国民の過半数、部分動員に不安や怒り=調査

ワールド

ロシアがウクライナ領編入なら「危険なエスカレーショ

ワールド

ノルドストリーム、週明けにもガス漏れ終息 その後調

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 7

    英女王死去でデンマークが残念だった理由

  • 8

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 9

    チャールズ新国王は疲れを知らず瞬間沸騰もある、ス…

  • 10

    「アルツハイマー病は脳疾患ではないかもしれない」…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月