最新記事

投資

ドラキュラの古城が買い手を募集中

ドラキュラ伝説の舞台とされるルーマニアの城を購入する条件は

2014年5月15日(木)17時19分
ジェス・ジマーマン

波乱の歴史 ブラン城にはドラキュラのモデルとなった人物が幽閉されていたとか Bogdan Cristel-Reuters

 ルーマニアのトランシルバニア地方の山上にそびえたつブラン城は、別名「ドラキュラ城」。もちろん、吸血鬼のドラキュラ伯爵はアイルランド人作家ブラム・ストーカーが19世紀末に発表した恐怖小説に登場する架空の存在だから、この城に本当にドラキュラが住んでいたわけではない。
 
 それでも、中世に建てられたゴシック調の重厚な要塞には、ドラキュラ伝説を彷彿とさせる不気味さが漂っている。しかも、15世紀に実在し、ドラキュラ伯爵のモデルになったといわれる残忍なブラド3世が、この城に幽閉されていたという説もある。

 そんないわくつきの古城が今、新たな所有者を探している。とてつもなく強力なコネと莫大な財産があれば、あなたも世界的に有名なブラン城のオーナーになれるかもしれない。

 「売り出し中」といっても、吸血鬼とその犠牲者たちの魂がさまよっている城だけに、誰にでも売れるというわけにはいかない。城の現在のオーナーは、オーストリア=ハンガリー帝国とルーマニア王室の血を引くドミニク・ハプスブルク大公と2人の妹。彼らから売却を委託されているニューヨークの弁護士マーク・メイヤーは、「妥当な価格での申し入れがあれば、しかるべき人物かどうかを調べたうえで真剣に検討する」と語っている。

 城の所有権争いでライバルとなるのはルーマニア政府かもしれない。ハプスブルク大公らはルーマニア政府に対し、8000万ドルでの売却を提案しているといわれており、購入希望者はそれ以上の金額を提示する必要がありそうだ。

 購入後は莫大な維持管理費用も負担しなければならない。ブラン城には現在、年間56万人の観光客が訪れており、その入場料をあてにせざるを得ないだろう。

 さらに、水道施設の不備にも目をつぶる必要がある。観光客向けのトイレはあるものの、居住部分の水道設備は、ブラン城がチャウシェスク独裁政権の管理下に置かれた時代に破壊されてしまった。

 それでも、さまざまな障害を乗り越えてこの城のオーナーになった暁には、何にも代えがたい経験ができるはずだ。どんな銃撃にもびくともしない城壁、波乱に満ちた歴史(ルーマニア王室も1948年までブラン城に居住していた)、丘の上からの絶景。そして、数え切れないほどある寝室のどこかには、今もドラキュラに狙われた美女の亡霊が眠っているかもしれない。

From GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英スタンチャート、23年は18%増益 利益見通しは

ワールド

中国、辰年で出生数増加 人口減少緩和も=現地メディ

ワールド

アルメニア、ロシア主導軍事同盟への参加凍結=首相

ワールド

メキシコGDP、第4四半期0.1%増に鈍化 利下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 3

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答えた

  • 4

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 7

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 8

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 9

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 10

    「くまのプーさん」だけじゃない習近平のあだ名、そ…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中