最新記事

ウォール街

それでもゴールドマンが愛される理由

Squid Love

金融危機での不始末やイメージダウンでも顧客が離れることなく、今も投資銀行業務は絶好調

2011年8月29日(月)12時48分
ベサニー・マクリーン

 金融大手ゴールドマン・サックスの今年第2四半期の利益が10億ドルを超えた。すごい数字のように思えるが、専門家たちの予想よりはずっと少ない。アナリストや投資家は「同社が道を見失ったのではないかと疑っている」と、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は報じた。

 とはいえ実際は、今期の業績にはゴールドマンにとってかなりプラスの要素もある。金融危機での不始末や、それに伴うイメージダウンで顧客離れが起きると思われていたが、そうはならなかった。

 同社は昔から、貪欲なマネーゲームであるトレーディング業務と、顧客サービスや企業育成に重点を置く投資銀行業務の両方を手掛けている。

 00年には投資銀行業務が同社の利益の3分の1以上を占めていたが、ネットバブル崩壊後は激減。主力業務はトレーディングへとシフトしていった。06年に商品相場部門出身のロイド・ブランクファインがCEOに就任したことは、トレーディングに重きを置いている証しに思えた。そして一流の投資銀行家たちはゴールドマンから去っていった。

 次第に同社は「顧客の利益を最優先する」という昔ながらの経営理念を喧伝しながら、実際は自社の利益を優先する会社になった。08年の金融危機では、それが誰の目にも明らかだった。

「頭の切れるサメ」のような存在

 しかしそれでも顧客は去らず、ゴールドマンの銀行業務部門は今も順調だ。第2四半期の利益は、前年同期比で54%増加。投資銀行にとって最も望ましい仕事であるM&Aの顧問業務は業界1位で、証券関連サービスでもトップに位置付けている。

 弱点はというと、すべてトレーディング部門に集中している。同部門の利益は50%以上下がった。

 なぜゴールドマンの銀行事業部門は繁盛しているのか。1つには、顧客が何も分かっていないからかもしれない。あるいは、会社の利益を顧客より優先すると知っていても、気にしない顧客が多いのかもしれない。

 07年にゴールドマンとの顧問契約を検討していた貯蓄貸付組合ワシントン・ミューチュアル社のCEOケリー・キリンジャーは当時、こう結論付けた。「連中は頭が切れるが、顧問に迎えるのはサメと一緒に泳ぐようなものだ」

いや応なく変化した業務環境

 顧客にしてみれば、頭さえ切れれば強欲でも構わないのかもしれない。あるいは、ゴールドマンが改心したと思っている可能性もある。

 しかし、企業に一度根付いた理念を変えるのは容易ではない。ゴールドマンの理念が本当にトレーディング重視になり、顧客サービスの精神を失ったのなら、3年やそこらで元に戻るはずがない。

 ゴールドマンの業務環境は、同社の意向とは関係なく変化しているとも言える。サブプライム危機以降、ウォール街の企業はいや応なく自己資本比率の増加を求められてきた。その結果、収益性は低下する。

 金融規制改革法であるドッド・フランク法の施行による収益性の変化や、銀行による高リスクな取引などを制限するボルカー・ルールの影響も気になる。

 今年ゴールドマンの株価は最高値が175ドルに達したが、今では130ドル前後。トレーディング部門の業績はしばらく上向きそうもないし、好調な銀行業務も利益は全体の20%にすぎない。資金管理部門も慢性的に業績が悪い。

 それでもゴールドマンは、他の会社が喉から手が出るほど欲しがる資産を持っている。それは忠実な顧客だ。

[2011年8月 3日号掲載]

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月