最新記事

ネット

グーグルが個人情報を軽視するワケ

Why Google Will Keep Playing Fast and Loose With Your Privacy

グーグル・バズのプライバシー侵害で分かる「対応後回し」で新サービスを始めるグーグルの向こう見ず文化

2010年2月19日(金)17時44分
ニック・サマーズ

 昨年12月、ニューズウィークはグーグル社からの訪問を受け、その検索エンジン大手がいかにプライバシー保護に注力しているかを説かれたことがある。ユーザーの検索履歴を保管する期間を短縮したとか、データの匿名性に関する新しい評価基準など、ユーザーがグーグルに安心して個人情報を預けられるようにするさまざまな取り組みについて宣伝していった。

 ところが今、同社は2月9日に発表したグーグル・バズというお粗末な新サービスでつまづいている。ツイッターやフェースブックに対抗するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)としてGメールに追加されたバズ。うっとうしいのに加えて、ユーザーが頻繁にメールをやりとりしている相手のリストが公開されてしまうという欠陥があった。

 どうやらグーグルはプライバシーの尊重という高尚な目標を掲げながらも、新技術ついては「まずやってみて、対応は後回し」という文化を持ち続けているようだ。これでは、技術開発の激しい競争のなかで、プライバシーの問題が無視されてしまうのも当然だ。

 世界の情報を管理し、世界中の人々がアクセスして活用できるようにする──グーグルはこの理念を誇りに思うあまり、新製品を世に送り出す際の慎重さが足りない。

慎重になっていたら出し抜かれる

 例えばグーグル・ブックス。グーグルは紙媒体に詰められた知識のすべてを検索可能にするという計画に囚われ、出版業界からの異議申し立て、和解金1億2500万ドルの支払いは予想していなかった。グーグル・ウェーブでは、電子メールを超える次世代のコミュニケーションツールを発明したと酔いしれた。サービス開始から間もなくユーザーから「複雑すぎて使いにくい」と当惑気味に嘲笑が起きるまでは。

 そして、グーグル・バズの発表だ。グーグルはプライバシー問題を深く考えもせず、独自のSNSを立ち上げたことにまたも陶酔しきっているようだった。

 このようにグーグルが先走ってしまう理由の1つは、インターネットの世界がものすごいスピードで進化していることにある。ビデオチャットのサイトについて素晴らしいアイデアがひらめいたとしよう。だが慎重に開発を進めていたら、同じことを思いついたロシアの子供に先を越されるだろう。

「誰もが新しいサービスに慣れるまでに大変な思いをする」と、グーグルでプロダクト・ディレクターを務めるキース・コールマンは言う。「だからバズをクリックしたら、すぐに友人たちの情報が見られるものを作ろうとした。ここで私たちは(ユーザーインターフェースの設定について)誤った判断をしてしまった」

 こうした情熱や積極性はグーグルの魅力の一つといえる。だが同社は1700億ドル企業。立場とその影響力をわきまえ、もっと慎重になる必要がある。

「聖域」に足を踏み入れた

 ネット上の個人情報については、確かに一体どこからがプライバシーの侵害なのか線引きがあいまいになってきている。かつては多くのユーザーが、自分の毎分ごとの行動を世界に発信するという発想に仰天していた。現在では人々は自分がトイレに行く回数までツイッターでつぶやいている。

 しかしだからといって、バズのプライバシー侵害が許されるわけではない。グーグルは人々が「保護」に分類しておきたい電子メールという神聖な領域に踏み込んだ。さらにこの騒動で見落とされているのは、バズには携帯電話でも使用できる機能があり、外出時にメッセージを投稿するとユーザーの詳細な居場所が分かるという問題だ。

ニュース速報

ワールド

米政府・企業などへの信頼感、大幅に落ち込む=民間調

ビジネス

米大手金融機関、ボーナス「ゼロ」のトレーダーも

ワールド

アングル:米石炭業界雇用は多くの州で減少、トランプ

ワールド

スペイン、カタルーニャ前州首相の拘束をデンマークに

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 3

    アルツハイマー病に効く? 意外な薬

  • 4

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 5

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 6

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 7

    激怒する韓国選手も 北朝鮮と平昌五輪統一チーム結…

  • 8

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 9

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 10

    期待に応えず、他人に期待しないほうがうまくいく理由

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 9

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月