コラム

トランプはいつも「コード」破り

2017年12月12日(火)17時30分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプはいつも「コード」破り

©2017 ROGERS─PITTSBURGH POST─GAZETTE

<守るべき人をいじめたり、批判するべき人を擁護したりと、トランプはいつも道徳規範(code)を破ってしまう>

第2次大戦中、各国の軍は通信内容の機密性を保つため、独自の code(暗号)を使っていた。当然、敵国に code break(暗号解読)をされると大変なことになる。現に、ミッドウェー海戦で奇襲攻撃を計画していた日本は米軍に暗号を解読され、逆に攻撃を受けて4隻の空母が沈没する羽目になった。code を守ることは大事だ。

暗号システムは国によって異なる。ドイツはエニグマという機械を、日本は暗号書という本を使った。一方、アメリカは先住民のナバホ族を起用し、ナバホ語で通信した。

先日、暗号要員だったナバホ族の英雄たちをたたえる行事にドナルド・トランプ大統領が登場(嫌な予感がするのはなぜかな?)。そこで彼は、先住民の血を引く民主党のエリザベス・ウォーレン議員を Pocahontas(ポカホンタス)とからかった。植民地開拓者を助けたという先住民女性だが、その名は先住民をばかにする差別用語でもある。当然、会場は凍り付いた。

これが初めてではない。トランプは常にショッキングな言動を取る。風刺画のピンバッジが示すように、Ban Muslims(イスラム教徒の入国禁止)、LGBTQ(性的少数者)の人権侵害、Build a Wall (国境に壁を建設)などなど、人を傷つけるような政策を推しまくる。

発言もそうだ。「Grab'em by the P***y(女性たちの性器をつかむ)」と言って、性的暴行を自慢した。白人至上主義デモに抗議した女性がひき殺された事件では、「Many Sides(複数の方面)の差別や暴力を非難する」と言い、犯人側をかばった。Climate Change(気候変動)はフェイクニュースだと主張した。

イスラム教徒であるロンドンのSadiq Khan(サディク・カーン)市長をばかにした。ベトナム戦争で5年半も捕虜になった国民的英雄 John McCain(ジョン・マケイン)議員を「ヒーローじゃない」とけなした。一方で、米大統領選に介入したロシアの Putin(プーチン)大統領を褒めたたえる。まさに口は災いのもとだ。

守るべき人を虐げたり、批判すべき人を擁護したりと、道徳規範(code)を常に破る大統領。それが Moral Code Breaker だ。こんな奇襲攻撃でアメリカが沈没しないといいけどね。

【ポイント】
NAVAJO CODE TALKER

ナバホ族の暗号話者

DUMP DACA
16歳未満で不法入国した移民への救済措置(DACA)の破棄

NAZIS ARE PEOPLE TOO!
ナチスだって人間だ!

LOCK HER UP!
彼女(ヒラリー・クリントン元大統領候補)を投獄しろ

BIRTHER IN CHIEF
バーサー(バラク・オバマ前大統領は外国生まれだとする人々)最高司令官

本誌2017年12月19日号[最新号]掲載

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!

気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを

ウイークデーの朝にお届けします。

ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

カナダ首相、TPP署名を表明 労組は危機感あらわ

ワールド

米民主、メキシコ国境壁建設に関する提案撤回 移民巡

ビジネス

貿易収支、12月は3590億円の黒字 豪向け自動車

ビジネス

NAFTA再交渉、第6回会合始まる トランプ氏「か

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 5

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 8

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 9

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!