コラム

リベラルであり保守である、カリフォルニアのイメージ

2016年11月24日(木)15時13分
リベラルであり保守である、カリフォルニアのイメージ

From David Ingraham @dayzdandconfuzd

<イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」のように、地元出身者より余所者のほうがむしろカリフォルニアらしさを表現できる。オレゴン生まれ、ミシガン育ちのデーヴィッド・イングラハムも、まさにその1人だ>

 カリフォルニア、とりわけロサンゼルス(LA)には、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」のイメージが世代を超えてつきまとう。メンバーの多くは中西部やテキサスから来ているのに不思議だが、それも当然かもしれない。カリフォルニア育ち、少なくとも南カルフォルニアの出身者が存在しなかったが故に、むしろカリフォルニア人以上にカリフォルニアらしい、あの甘く切なく、乾いた暗いサウンドが生まれたのだ。南カリフォルニアは、外見はリベラルでカジュアルだが、内面は保守的な土地だ。

 本職がロック・ミュージシャンである51歳の写真家、デーヴィッド・イングラハムも、そうした意味でハイブリッドなカリフォルニアのイメージを創り出している。長年LAをベースにしているが、オレゴン生まれ、ミシガン育ち。そのため、カリフォルニアの強烈な陽光を作品に取り入れながらも、同時にハードボイルド、あるいは犯罪映画のフィルム・ノワールの要素をごく自然に絡らませている。倦怠、退廃、緊張感が写真作品の中に漂っているのだ。

【参考記事】 NY音楽シーンの熱気を伝える、撮影者と被写体の信頼感

 彼のスタイルをカテゴリー分けすれば、ストリート・フォトグラフィーにあたる。ただ、その最たる醍醐味のひとつである、あるがままのものをあるがままのものとして切り取るそれではない。iPhoneとインスタグラムの登場以来、さまざまなアプリケーションが誕生しているが、そうしたポスト・プロダクションのアプリを使った作品だ。

「自分の作品はフォトジャーナリズム、フォトドキュメンタリーではない。フィクションの現実だ」と彼はいう。

What now, America? #darktimes

David Ingrahamさん(@dayzdandconfuzd)が投稿した写真 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

ビジネス

ECB資産買い入れ、独国債不足が延長巡る議論で鍵に

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 2

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動家の勇気

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 7

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 8

    アメリカ南西部で52.8℃という猛暑 高齢者など4人死亡

  • 9

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 10

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!