コラム

リベラルであり保守である、カリフォルニアのイメージ

2016年11月24日(木)15時13分
リベラルであり保守である、カリフォルニアのイメージ

From David Ingraham @dayzdandconfuzd

<イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」のように、地元出身者より余所者のほうがむしろカリフォルニアらしさを表現できる。オレゴン生まれ、ミシガン育ちのデーヴィッド・イングラハムも、まさにその1人だ>

 カリフォルニア、とりわけロサンゼルス(LA)には、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」のイメージが世代を超えてつきまとう。メンバーの多くは中西部やテキサスから来ているのに不思議だが、それも当然かもしれない。カリフォルニア育ち、少なくとも南カルフォルニアの出身者が存在しなかったが故に、むしろカリフォルニア人以上にカリフォルニアらしい、あの甘く切なく、乾いた暗いサウンドが生まれたのだ。南カリフォルニアは、外見はリベラルでカジュアルだが、内面は保守的な土地だ。

 本職がロック・ミュージシャンである51歳の写真家、デーヴィッド・イングラハムも、そうした意味でハイブリッドなカリフォルニアのイメージを創り出している。長年LAをベースにしているが、オレゴン生まれ、ミシガン育ち。そのため、カリフォルニアの強烈な陽光を作品に取り入れながらも、同時にハードボイルド、あるいは犯罪映画のフィルム・ノワールの要素をごく自然に絡らませている。倦怠、退廃、緊張感が写真作品の中に漂っているのだ。

【参考記事】 NY音楽シーンの熱気を伝える、撮影者と被写体の信頼感

 彼のスタイルをカテゴリー分けすれば、ストリート・フォトグラフィーにあたる。ただ、その最たる醍醐味のひとつである、あるがままのものをあるがままのものとして切り取るそれではない。iPhoneとインスタグラムの登場以来、さまざまなアプリケーションが誕生しているが、そうしたポスト・プロダクションのアプリを使った作品だ。

「自分の作品はフォトジャーナリズム、フォトドキュメンタリーではない。フィクションの現実だ」と彼はいう。

What now, America? #darktimes

David Ingrahamさん(@dayzdandconfuzd)が投稿した写真 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

英中銀、「成長とインフレ」のトレードオフに依然直面

ビジネス

中国共産党大会、大幅な経済改革につながらない見通し

ビジネス

英利上げに賛成票を投じる準備できていない=ラムスデ

ビジネス

英利上げ、近いうちに賛成票を投じる準備できていない

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 7

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 8

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 9

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 10

    イタリア老舗ブランドの、本革じゃないバッグを選ぶ…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 6

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 7

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 8

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 9

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 10

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!