プレスリリース

猫壱の食器「ハッピーダイニング」誕生から10周年 感謝の気持ちを込めて今年はキャンペーンを続々実施 第一弾は、猫壱初!世界に一つだけ「うちの子写真&名前入り特製バリバリボウル」プレゼント

2024年04月25日(木)12時15分
「猫が幸せ、私も幸せ」をブランドスローガンに、美しく機能性にも優れた猫の生活用品の製造・販売を手掛ける株式会社猫壱(本社:東京都新宿区、代表取締役:竹内 淳、以下 猫壱)は、猫との幸せな食事時間を支える猫用食器シリーズ「ハッピーダイニング」が発売から10周年を迎えたことを記念して、今年度様々なキャンペーンを実施いたします。
第一弾は、猫壱の人気つめとぎ「バリバリボウル」に、猫ちゃんの写真と名前を入れることができるInstagramキャンペーンを実施、世界に一つだけのオリジナルバリバリボウルを限定で10名様にプレゼントいたします。これからも、愛猫との特別な時間をより豊かにするキャンペーンを継続して開催してまいりますので、皆様のご参加をお待ちしております。


■「うちの子写真&名前入り特製バリバリボウル」キャンペーン詳細
期間:2024年4月27日~5月12日
内容:猫壱公式Instagrmaにいいねとコメントをしていただいた方の中から
10名様にご自身の猫ちゃんとお名前を入れたオリジナル
「バリバリボウル」をプレゼント

【参加方法】
1. 猫壱のInstagramアカウント( https://www.instagram.com/necoichicojp/ )をフォロー
2. キャンペーン投稿に「いいね」
3. コメント欄に熱い想いをコメント
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/393053/LL_img_393053_1.jpg
キャンペーンイメージ
■バリバリボウル
猫のカラダにぴたりとフィットする、猫が入りたくなるすり鉢構造のつめとぎベッド。
つめとぎ部分は交換できるエコ設計となっており、原料は100%紙のダンボールを使用しています。猫ちゃんが毎日使う、猫ちゃんにとって欠かせない存在のつめとぎ、そしてカラダが直接触れるものだから、品質にはとことんこだわり抜いています。品質の良いダンボールを使用しているので、つめとぎ後のとぎカスも少なくなっています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/393053/LL_img_393053_2.jpg
バリバリボウル1
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/393053/LL_img_393053_3.jpg
バリバリボウル2
バリバリボウル詳細: https://www.necoichi.co.jp/Products/detail/id=5289


■ハッピーダイニングシリーズ
このたび発売から10周年を迎えたハッピーダイニングは「脚付フードボウル/ウォーターボウル」の名前で親しまれ、2014年の発売開始以降シリーズ累計販売数270万個を突破した猫壱の代表的な製品です。
「猫工学デザイン」に基づき、食器を脚付にすることで逆流を防ぎ吐き戻しを軽減するだけでなく、お皿の縁についたかえしが食べこぼしを防ぎます。猫の体重や体高に合わせて高さを選べるだけでなく、長毛でも毛が付きにくくヒゲ疲れしにくい「浅広口」や鼻ぺちゃ猫がより食べやすい「斜め」タイプなど、様々な猫の悩みに応える豊富なラインアップを開発しています。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/393053/LL_img_393053_4.jpg
脚付フードボウル斜めタイプ1
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/393053/LL_img_393053_5.jpg
脚付フードボウル斜めタイプ2
ハッピーダイニング詳細: https://www.necoichi.co.jp/Blog/detail/id=7752


■猫壱について
猫壱は常に「猫のため」を壱番に考えることにこだわり、猫の気持ちを考え、猫と暮らす方々の声を聴き、猫とお客様を深いレベルで理解することに力を注いできました。商品作りにおいても、常に「それは猫にとって壱番の商品かどうか」を判断基準において取り組んできた結果、原料にまでこだわったダンボール素材のつめとぎ「バリバリシリーズ」や、磁器製のフードボウルやウォーターボウルを取り揃えた「ハッピーダイニングシリーズ」、そして猫が嫌がる前にスパッと切れる「爪切り」など、猫とお客様に愛される人気製品を数多く展開しています。


■猫壱は「猫保護活動」を応援しています
活動の一環として、猫壱会員様へのご登録※1名さまにつき5円(=御縁)と、猫壱の人気おもちゃ「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」の売上の内1%を合わせた金額を、猫保護団体に寄付しています。
※猫壱会員: https://www.necoichi.co.jp/Register/

活動実績: https://www.necoichi.co.jp/CSR/


■株式会社猫壱 会社概要
社名 : 株式会社猫壱
代表 : 代表取締役 竹内 淳
設立 : 2008年1月
所在地 : 東京都新宿区西新宿6-15-1セントラルパークタワー ラ・トゥール新宿605
事業内容: 猫用品の企画・販売 等
URL : https://www.necoichi.co.jp/
猫壱Instagram公式アカウント: https://www.instagram.com/necoichicojp/


■MOON-X株式会社 会社概要(※株式会社猫壱はMOON-X株式会社のグループ会社です)
社名 : MOON-X株式会社(ムーンエックス)
代表 : 代表取締役CEO 長谷川 晋
設立 : 2019年8月
所在地 : 東京都港区高輪4-10-18 京急第1ビル 13F
事業内容: ECブランドの共創型M&A、
ブランドの成長・DX支援/コンサルティング等
URL : https://www.moon-x.com/company/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

米年内利下げ回数は3回未満、インフレ急速に低下せず

ワールド

イラン大統領ヘリ墜落、原因は不明 「米国は関与せず

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中