コラム

FRBの利上げ姿勢が和らぐ兆し~円安が続くという見方は妥当か~

2023年10月17日(火)18時10分
FRB(米連邦準備理事会)パウエル議長

FRB(米連邦準備理事会)パウエル議長 REUTERS/Evelyn Hockstein

<FRBの追加利上げに対する姿勢が和らぐ中で、一方で、日銀が金融緩和の手仕舞いにゆっくり向かいつつある。これらの金融政策への思惑が、今後のドル円相場の行方を左右する......>

為替市場で、ドル円は9月末から1ドル150円付近での推移が続いている。米経済の底堅さを背景に、米金利の高止まりが長引くとの見方が円安ドル高を後押ししている。

一方で、FRB(米連邦準備理事会)からは、「夏場からの長期金利上昇は利上げに相当する効果がある」との複数の高官の発言が10月5日頃から発せられている。最近の米長期金利上昇を、政策効果の浸透の結果とFRBは位置付けているとみられるが、9月からの長期金利上昇ピッチがあまりに早く、牽制するに至ったということだろう。

追加利上げの可能性は高くない

これらの発言は、市場の大きな変動に対する応急的な対応の側面があるだろうが、既に利上げが十分な所まで行われたとの認識がFRBの中で強まっていることも、影響しているとみられる。9月FOMC時点では、年内の追加利上げを想定する参加者が半分以上いたが、これはインフレ警戒姿勢を緩めないという「ポーズ」の意味合いもあったのだろう。実際には、金融市場での「金融環境タイト化」によって、FOMCメンバーのリスク判断(=高インフレリスクvs引き締めし過ぎのリスク)が容易に変わりうる、ということではないか。

もちろん年内2回のFOMC会合が残っており、9月分の雇用統計などの強さを踏まえると、追加利上げの可能性が払拭されたわけではない。ただ、中心的なメンバーにとって追加利上げの決断に至るには、経済やインフレ率のかなりの上振れが条件になっているとみられる。追加利上げの可能性は高くない、と筆者は考えている。

日銀が緩和から引き締めに向かうなら......

米長期金利の上昇は10月10日頃から一服しつつあるが、ドル円は150円付近の円安水準はあまり変わっていない。FRBの利上げの終わりはみえても、タカ派姿勢が変わるまでは、ドル高が続くとの思惑が根強いのかもしれない。一方、FRBの利上げが最終局面に近づく中で、日本銀行は24年の春までに金融政策の正常化を始める可能性が高まっているとみられる。先んじて利上げを続けたFRBに遅れて日銀が緩和から引き締めに向かうなら、過去1年半続いた円安の構図は変わりうるだろう。

円安はまだ続くとの見方も多いが

一方で、円安はまだ続くとの見方も多い。一例として、日本では貿易収支の赤字が続いている為、円安が続くとの見方がある。輸出よりも輸入が多いので、輸入に際して「円を売る」という実需の取引が発生するので、貿易赤字だと円安への需給が増え易い点を重視する見方である。ただ、実際にはモノの取引は、為替市場の取引のごく一部である。また、貿易赤字(黒字)になれば通貨安(高)に動くという、貿易収支を均衡させる調整弁として為替レート(ドル円)が動くとの考えがあるのかもしれないが、これは危うい理屈にみえる。

プロフィール

村上尚己

アセットマネジメントOne シニアエコノミスト。東京大学経済学部卒業。シンクタンク、証券会社、資産運用会社で国内外の経済・金融市場の分析に20年以上従事。2003年からゴールドマン・サックス証券でエコノミストとして日本経済の予測全般を担当、2008年マネックス証券 チーフエコノミスト、2014年アライアンスバーンスタン マーケットストラテジスト。2019年4月から現職。著書「日本の正しい未来」講談社α新書、など多数。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ECB、大きな衝撃なければ近く利下げ 物価予想通り

ワールド

プーチン氏がイラン大統領と電話会談、全ての当事者に

ビジネス

英利下げ視野も時期は明言できず=中銀次期副総裁

ビジネス

モルガンS、第1四半期利益が予想上回る 投資銀行業
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 6

    【地図】【戦況解説】ウクライナ防衛の背骨を成し、…

  • 7

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 10

    「アイアンドーム」では足りなかった。イスラエルの…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story