Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.5. 2号(4/25発売)

特集:国際情勢10大リスク

2017年5月 2日号(4/25発売)

Cover Story

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

※次号5/16号は5/9(火)発売となります。

■国際情勢 リーダーなき世界が生むリスク
リスク1 北朝鮮  金正恩の高笑いが止まらない理由
リスク2 韓国  「進撃の左派」が同盟関係に暗雲を
リスク3 ドナルド・トランプ  「即興」外交を操る世界最大の権力者
リスク4 仏大統領選  フランスが選ぶ「変革の顔」は?
■欧州経済  「ルペン当選」でユーロ離脱の深刻度
リスク5 ロシア  本当に怖いのはプーチンのパラノイアだ
リスク6 中国  習近平は毛沢東になるのか
■米中関係  それでも危ないアメリカと中国の仲
リスク7 トルコ  エルドアンは独裁への道を歩むのか
リスク8 ポピュリズム  大衆迎合主義が世界を非道な争いの地にする
リスク9 イラン  穏健派の落選で再び欧米と対立?
リスク10 国連  国際機関に終わりの日が迫る
■ブレグジット/ISIS/ASEAN/南アフリカ/金融危機/ドイツ
■人道問題への不感症が危機を生む
【PERISCOPE】
InternationaList
CHINA 中国が政治闘争にインターポールを利用
UNITED STATES トランプとオバマ、移民に厳しいのは?
SLOVAKIA 腐敗に立ち上がるのは新世代
HAITI ハイチPKOが遺した性的虐待問題
AUSTRALIA 新たな豪移民規制は「価値観」まで問う
BRITAIN メイが賭ける前倒し総選挙
GREECE ギリシャで性的搾取に遭う難民の子供たち
CHINA 習近平は朝鮮有事に勇気なし
Asia
PHILIPPINES 麻薬戦争に失業者を動員する?
INDIA 性差別を助長するインド教科書
U.S. Affairs
なぜ増えるヘイトクライム
アメリカの分断がキャンパスを揺さぶる
Business
ウーバーを育てたイケイケ路線の限界
【FEATURES & ANALYSIS】
軍事 北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相
米軍 カール・ビンソン「迷走」の深刻度
シリア 真の問題は化学兵器ではない
インドネシア クリーンな大統領の正念場
人道危機 過激派から逃れた人々を飢餓が襲う
イノベーション 94歳発明家の新たな一手
テクノロジー 驚異の素材で海水を飲み水に
【LIFE/STYLE】
Travel 世界の富豪が愛する古き高級避暑地
Movies 21世紀版に変身した『美女と野獣』
Movies チベットの草原に流れる親子の日常
Music 次世代ポップクイーンの野心と幼さと
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 「恩人」を忘れ、娘婿にべったり
Picture Power キューバ革命第2幕はネットが開く夢

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 9

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 10

    核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    【韓国侵攻】北朝鮮軍は数で米韓軍を圧倒する

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!