ニュース速報
ワールド

アングル:「働いた証ない」、労働者の権利求めるメキシコのセックスワーカー

2024年05月20日(月)08時52分

セックスワーカーとして働く人たちにとって、メキシコの労働者が普通に享受できる基本的な権利、諸手当、労働者保護などは一切存在しない。写真はメキシコ市で5月1日、セックスワーカーの社会的保護を求めて行進する「クラップ」のメンバー。提供写真(2024年 ロイター/ProDESC/handout via Thomson Reuters Foundation)

Diana Baptista

[メキシコ市 14日 トムソン・ロイター財団] - ナタリア・レーンさんの働き方は、昨今の大半の職業と同様に「ハイブリッド」だ。大学を卒業し現在34歳のレーンさんは、1日の半分を刺激的なネットコンテンツの制作に費やし、残りをリアルなサービスに充てる。

だが、セックスワーカーとして働くレーンさんにとって、メキシコの労働者が普通に享受できる基本的な権利、諸手当、労働者保護などは一切存在しない。レーンさんはこの状況を変えようと奮闘している。

人権活動家でもあるレーンさんは、この仕事を始めて14年になるが、いまだに社会保障制度の対象外で、住宅ローンなども利用できないと語る。セックスワーカーとして働くようになったのはコミュニケーション分野の学位を得るための学費が目的だった。

「他の労働者階級と違って、この14年間働いた証と言えるものが、私には何もない」

新型コロナ禍と、その後の生活コスト危機以降、レーンさんはオンラインでのセックスワークに活路を見い出した。だが同業の仲間と同じように、連邦法はそうした職業に社会保障制度やその他の労働者としての権利を与えていない。

そこで5月7日、セックスワーカーたちは、この業界では初めての連携組織である「クラップ(CLaP!)」を結成した。目標として掲げるのは、セックスワークの非犯罪化と職業としての公式な認知、ネットとリアルで働くセックスワーカーに社会保障制度の利用を認めることだ。

創設者の1人であるレーンさんにとって、権利を認めさせることは急務となる。

「(セックスワーカーは)他のどの労働者団体とも共通するニーズを抱える一方で、特有のリスク、そして際限なく続く暴力にも悩まされている」と語るのは、プロデスク(ProDESC)で人権・労働者権利のために活動するインディラ・ソリス氏。プロデスクは「クラップ」を支援している団体だ。

クラップは現在、オンラインと首都メキシコ市の街頭で働く同業者に参加を呼びかけている。セックスワーカーが長年求めてきた労働者としての権利を勝ち取るために十分な勢いを生み出すことが狙いだ。

プロデスクのソリス氏によれば、これまでに約42人の労働者がクラップに加入した。

「(クラップは)セックスワークは1つの生き方であり、個人の選択であって、そこから救い出してもらう必要などないと認識している」とレーンさんは語った。

<職業としての認知を求めて>

メキシコ市は2013年、セックスワークを「報酬を伴わない労働」として法的に位置付け、2019年に非犯罪化した。警察によるハラスメントや犯罪組織による暴力に対する30年間にわたる抗議の成果だった。

だが、法律上はこうした大きな勝利を収めたとはいえ、セックスワーカーたちによれば、労働条件がこれまでより安全になったわけでも、労働者としての標準的な権利が得られたわけでもないという。

メキシコ市でのセックスワークに関する最新の調査によると、セックスワーカーたちは、仕事の場がオンラインか街頭かにかかわらず、日常的に警察や病院、検察、救急隊による差別に直面しているという。

調査に応じた人々は、セックスワークを仕事として承認することが日常的な差別を減らし、医療サービスの利用拡大や、警察による暴力の防止につながる可能性がある、と語った。

他のラテンアメリカ諸国では、すでにセックスワーカーを対象とした社会的保護を実現するための取り組みが進んでいる。

たとえばコロンビアでは先週、権利や年金、医療へのアクセスを制度化する最初の取り組みについての審議が行われた。

姓を伏せることを条件に取材に応じたイーライさん(36)は、2年前、「オンリーファンズ(OnlyFans)」などのソーシャルメディアやウェブサイト向けの過激なコンテンツの制作を始めた。

だが、社会保障制度を利用できないため、イーライさんは公的な医療や退職手当を利用できず、住宅を入手する機会もない。

「ある種の監視下で生きている。たとえばアパートを借りようとしても、入居を拒否されてしまう可能性があるから、セックスワークをしているとは口にできない」と語るイーライさんは、クラップの新会員獲得に協力している。

各国の政治家はこの2年間、「ギグワーカー(単発の仕事を請け負う労働者)」が社会保障を得られるよう多数の取り組みを推進してきた。ギグワークは、料理デリバリーからセックスワークまで、あらゆる領域で急成長しているセクターだ。

だがそうした取り組みも、まだ法律として実を結んではいない。

デジタルプラットフォームで働く労働者への社会保障の提供は、次期メキシコ大統領の最有力候補とされるクラウディア・シェインバウム氏の選挙公約でもある。だが同氏の構想が視野に入れているのはドライバーや配送労働者だけで、セックスワーカーは置き去りにされている。

クラップの会員にとって、こうした仕打ちはおなじみだ。自分たちの仕事は、他の労働者から一人前の職業と見なされていないのが普通だからである。

その上、労働組合として認知されるのも一筋縄ではいかない。契約書もなければ、収入を証明するための請求書もないからだ。

「他の労働者たちが経験する暴力は、私たちの経験と変わらない。大きな違いは、他の労働者たちがやっていることが『仕事』かどうか、誰も疑問に思わないという点だ」とレーンさんは語った。

(翻訳:エァクレーレン)

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査

ビジネス

FRB「忍耐必要」、インフレなお高水準=ボストン連
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中