ニュース速報

ワールド

ウクライナ軍、北東部イジュムに向け前進 ドンバスでも激しい戦闘

2022年08月09日(火)13時44分

 8月9日、ウクライナは、東部などの前線全体でロシア軍による激しい砲撃があったと明らかにした。写真はロシア軍の攻撃で破壊された車の横で作業する警官たち。ウクライナのハルキウで撮影(2022年 ロイター/Nacho Doce )

[キエフ 9日 ロイター] - ウクライナは9日、東部などの前線全体でロシア軍による激しい砲撃があったと明らかにした。

東部ドネツク市に近い前線の町では激しい戦闘が報告され、ウクライナ当局はロシア軍がドンバス地域の掌握に向けて相次いで攻撃を仕掛けているとした。

ドンバスにあるドネツク州のキリレンコ知事は「州内の状況は緊迫しており、前線全域で砲撃が絶えない。敵は空爆も多用している」とウクライナのテレビ局に語った。一方で「敵は成果を上げておらず、ドネツク州は持ちこたえている」とも述べた。

北東部ハリコフ周辺では、ロシアに占領されたドベンケの町をウクライナ軍が奪還しイジュムに向けて前進していると、ウクライナのアレストビッチ大統領府長官顧問が明らかにした。

「ロシアによる失地回復の試みは成功しておらず、ウクライナがロシア軍を包囲するかもしれない」と述べた。

南東部ヘルソン州では、ロシア軍の補給路寸断を狙うウクライナ軍がドニプロ(ドニエプル)川に架かるアントノフ大橋を再び攻撃した。

ロシア軍による占領で追放されたヘルソン地方議会の副議長は、夜間の攻撃で橋が大きく損傷したと述べた。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

スタグフレーションのリスク長期化も=世銀総裁

ワールド

豪CPI、8月は前年比+6.8%に減速 ガソリン値

ビジネス

中国、第4四半期に2.5兆元の国債発行を計画=関係

ワールド

岸田首相「今後50年見据え関係構築」、日中国交50

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 9

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 10

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中