ニュース速報

ビジネス

ホンダ、倉石常務が代表取締役副社長へ 初の女性執行役員も誕生

2016年02月23日(火)18時42分

 2月23日、ホンダは、新たな経営体制を発表した。写真は代表取締役副社長に就任する倉石誠司常務執行役員。2011年4月上海モーターショーでの同氏(2016年 ロイター/Aly Song )

[東京 23日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は23日、新たな経営体制を発表した。中国本部長を務める倉石誠司常務執行役員(57)が代表取締役副社長に昇格する。4月1日付で専務に就いた後、6月に開く株主総会後の取締役会を経て副社長に就任する。一方、池史彦会長(63)、岩村哲夫副社長(64)はいずれも退任する。

中国の合弁会社、東風本田汽車有限公司の鈴木麻子総経理(52)が4月1日付で国内営業を担当する執行役員に就く。女性が執行役員に就くのは同社初となる。

今回の経営陣刷新は昨年6月の八郷隆弘社長就任後初めて。世代交代を図り、世界を日本、中国、アジア大洋州、北米、南米、欧州の6地域に分けて各地域で現地生産や開発などを推進する「世界6極体制」を進化させる。

倉石氏は本田技研工業投資有限公司、東風本田汽車の総経理を務めるなど長年にわたり中国事業を統括してきた。八郷社長も就任前、中国の生産統括責任者を務めた経験を持つ。

鈴木氏はタイ、マレーシア、ベトナムに赴任するなど海外経験が豊富だ。同社では社外取締役や監査役には女性がすでに就いているが、いずれも社外からの登用だった。生え抜きの女性が執行役員に就くのは鈴木氏が初めて。

日本本部長の峯川尚専務(61)、「フィット」などでの度重なるリコール(回収・無償修理)以降、品質改革を担ってきた福尾幸一専務(60)らが6月に退任する予定。福尾氏は本田技術研究所の社長も退き、後任は松本宣之専務(58)が兼務する。峯川氏の後任には、ホンダカーズ東京中央(東京・世田谷)の寺谷公良社長が就く予定。

航空機事業子会社ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長(55)が4月1日付で執行役員から常務に昇格する。藤野氏は昨年末に顧客への引き渡しが始まった小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の開発から手掛けてきた。

*内容を追加しました。

(白木真紀)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ECB総裁、政策微調整の可能性示唆

ワールド

メイ英政権は持続不可能、1年以内に再度総選挙=シテ

ビジネス

タカタ会長がエアバッグ問題を謝罪、株主救済「見込み

ビジネス

ユーロ圏で通貨と国債利回りが上昇、ドラギ発言に反応

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 3

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 4

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船が…

  • 5

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 6

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 7

    スマホの存在で能力低下 能力発揮したければスマホ…

  • 8

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    ブレグジット大惨事の回避策

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!