コラム

「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック SIDE:B』

2022年06月27日(月)14時59分

オリンピック反対の声はまともに反映されなかった 映画『東京2020オリンピック SIDE:A/SIDE:B』公式サイトより

<選手たちの多様性を繊細に描いた『SIDE:A』は嬉しい驚きだったが、『SIDE:B』 では五輪反対派の主張を置き去りにするなど複雑な政治問題を理解する能力の限界を露呈した>

6月24日、東京2020オリンピック公式記録映画『東京2020オリンピック SIDE:B』が公開されたので、前回の『SIDE:A』に引き続き鑑賞してきた。私は現在でもオリンピック開催について批判的な立場をとっているが、そうした立場から見ても『SIDE:A』は予想に反して良質のドキュメンタリーだった。『SIDE:B』は、一転して陳腐な内容に失望させられた。


「分断を乗り越える」という陳腐なテーマ

事前の情報では、『SIDE:A』はオリンピックをアスリート側の視点から描き、『SIDE:B』は非アスリート側の視点から描く、といわれていた。しかし実際に観てみると、『SIDE:B』にもアスリート側の視点は登場するので、この区別は適切ではない。両者の違いはむしろテーマの差異に見出すことができる。つまり、『SIDE:A』のテーマは多様性であり、『SIDE:B』のテーマは単一性なのだ。様々なマイノリティが織り成す多様な物語の集積である『SIDE:A』に対して、『SIDE:B』は、新型コロナウイルスなどによって生じた社会の分断をいかに統合するか、という点に主題が置かれている。

しかし、この「分断を乗り越える」というテーマが、いかにも陳腐な描かれ方をしているのだ。ありていにいえば、東京五輪の組織委員会の公式見解をなぞっているに過ぎない。オリンピックの開催にはいろいろな問題はあったが、最終的には子供の笑顔が全て。未来の世代への継承ができたのでよかったですね。めでたしめでたし。

しかし、この社会に存在する政治的な対立はそんな単純な理屈で解消できるものではない。子供の笑顔というモチーフは序盤から繰り返し登場する。しかしその演出はありきたりなもので、『SIDE:A』で描いてみせた様々な人物たちの複雑な表情に比べると意外性に欠けており、途中から飽きてくる。前回に比べて上映時間が長く感じてしまった。

また、東京五輪のゴタゴタをすべて浄化し、日本社会を再統合する祭儀として用いられているのが、開会式で披露された森山未來のダンスである。しかしこのダンスが「鎮魂」を表していることは開会式のプレスリリースなどで既に伝えられており、世界中の皆が知っていることだ。それをこの記録映画の結末でそのまま反復するのは、あまりにも安直だ。河瀨直美の独自の視点で開会式で披露されたダンスを再解釈するのならば理解できるが、アナウンサーが実況中継で読み上げるようなテーマをこの映画のクライマックスで披露するなら、わざわざカンヌ国際映画祭受賞者をこの記録映画の監督にした意味がないと言わざるを得ない。

プロフィール

藤崎剛人

(ふじさき・まさと)  埼玉工業大学非常勤講師、批評家
1982年生まれ。東京大学総合文化研究科単位取得退学。専門は思想史。特にカール・シュミットの公法思想を研究。『ユリイカ』、『現代思想』などにも寄稿 
Twitter ID:@hokusyu82 『

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中