最新記事

百田尚樹現象

幻冬舎・見城徹が語った『日本国紀』、データが示す固定ファン――特集・百田尚樹現象(2)

THE INSCRUTABLE MONSTER

2019年6月27日(木)17時00分
石戸 諭(ノンフィクションライター)

全国のTSUTAYAとTポイント提携書店のPOSデータを分析すると…… Newsweek Japan

<幻冬舎・見城徹社長はなぜ『日本国紀』を出版したのか。独占インタビューで明かしたその理由と、百田尚樹の「保守論壇」デビュー秘話。また、右派が語る「リベラルは面白くない」のメンタリティを探る>

※本記事は3回に分けて掲載する特集「百田尚樹現象(2)」です。(1)(3)はこちら
百田尚樹はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか――特集・百田尚樹現象(1)
『日本国紀』は歴史修正主義か? トランプ現象にも通じる本音の乱――特集・百田尚樹現象(3)


第2章:マイノリティー

再び今年3月26日、東京・神保町「三省堂書店」前──。私の目的はもう1つあった。百田と右派論壇を結び付けたキーマン、月刊「Hanada」(飛鳥新社)編集長・花田紀凱に会うことだった。首相に返り咲く前から安倍晋三を一貫して支持する、右派論壇の顔とも言うべき人物だ。

週刊文春の名物編集長として辣腕を振るい、雑誌「マルコポーロ」に異動する。95年、同誌にホロコースト否認論を掲載したところ、強い抗議を受けて編集長の座を解任され、翌年に退職する。その後、右派的な路線を明確にした月刊誌「WiLL」(ワック・マガジンズ)を創刊し、売り上げを伸ばす。現在は自身の名を冠した雑誌で「WiLL」の路線を引き継ぐような論調を掲載している。

ある時から右派系論壇誌の執筆陣に「百田尚樹」が加わっていた。三省堂の前で何人かのスタッフと共に百田に付き添っていた花田に声を掛け、取材依頼を送っているのだが、と告げると「それは悪いことをしたなぁ。もちろんお受けしますよ。こちらにご連絡ください」とつながりやすい連絡先を名刺にメモして、渡してくれた。

4月2日、神保町のオフィスビルにある飛鳥新社に向かった。壁には出版物の広告がずらりと貼られている。ひときわ目立つのが、土下座する百田の姿だった。『今こそ、韓国に謝ろう』のタイトルにあやかり韓国に謝っている様子なのだという。

「お待たせしてすいません。現場が好きなもので......」と丁重な謝罪から取材が始まった。誌面から受けるこわもてな印象はなく、アクティブさを象徴するようなデニムと年相応に柔和な口調が印象的なメディア人がいた。

「僕も人様の言葉で飯を食っていますから、自分は何を書かれてもいい。でも、僕の雑誌が右寄りくらいならいいんですけど、『極右』って言われるのは抵抗があるんですよ。僕は、ちょっと右寄りです」

私が「だいぶ右寄りじゃないですか」と返すと、苦笑交じりに、雑誌全体を見て判断してほしいのだ、と語った。連載陣には、確かに花田と政治的スタンスが真逆のお笑い芸人の爆笑問題が名を連ねる。

百田は、花田が編集長だった12年10月号の「WiLL」で初めて安倍と対談している。収録時は民主党政権で、安倍は一野党議員であり、総裁選に立候補するかどうかも明言していない頃だった。一方で百田は、前章で見たように「日本で一番売れる小説家」としての地位を確立していた。

百田は直前の同誌9月号に民主党批判の論考を掲載し、ラストを安倍再登板待望論で結んでいる。これを読んだ安倍が感激し、百田の携帯に電話をかけた。そして、対談が組まれたというのが一連の経緯だ。百田はそれまで政治をテーマにまとまった文章を書いたことはなかった。ツイッターで民主党政権を批判することはあったが、あくまでツイートの範囲だ。彼に雑誌メディアで発言の場を用意したのが、花田だった。安倍・百田対談の狙いはどこにあったのか。

ニュース速報

ビジネス

米求人件数、11月は4年超ぶりの大幅減 小売・建設

ビジネス

中国の長城汽車、米GMのインド工場取得へ 最大3億

ワールド

米中第1段階の合意、将来的な二国間関係にプラス=劉

ビジネス

米住宅着工件数、12月は13年ぶり高水準 低金利が

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

  • 4

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 5

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 8

    台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

  • 9

    日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 7

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月