最新記事

百田尚樹現象

百田尚樹はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか――特集・百田尚樹現象(1)

THE INSCRUTABLE MONSTER

2019年6月27日(木)17時00分
石戸 諭(ノンフィクションライター)

特集「百田尚樹現象」(6月4日号) Newsweek Japan

<ノンフィクションライター石戸諭氏執筆の特集「百田尚樹現象」(5月28日発売)は発売当初から大きな反響を呼び、その論考をめぐる議論は、発売から1カ月が経とうとする今も朝日新聞(6月27日)月刊WiLL(6月26日)などで続いている。こうした波紋それ自体が「百田尚樹現象」の一端なのではないか――編集部はそう考え、議論の起点となった16ページにわたるルポの全文をウェブで公開することにした>

※本記事は3回に分けて掲載する特集「百田尚樹現象(1)」です。(2)(3)はこちら
幻冬舎・見城徹が語った『日本国紀』、データが示す固定ファン――特集・百田尚樹現象(2)
『日本国紀』は歴史修正主義か? トランプ現象にも通じる本音の乱――特集・百田尚樹現象(3)

▼関連記事
【百田尚樹現象】「ごく普通の人」がキーワードになる理由――特集記事の筆者が批判に反論する

序章:ヒーローかぺてん師か

日本のリベラル派にとって、もっとも「不可視」な存在の1つが「百田尚樹」とその読者である。誰が読んでいるのかさっぱり分からないのだ。百田の新刊『日本国紀』(幻冬舎、18年)は、18年11月の発売から既に65万部に達し、ベストセラー街道を邁進している。「百田現象」について知ってはいるが、実際に読んだという人は少ないだろう。仮にミリオンセラーとなった『永遠の0』(講談社文庫、09年)などの百田小説を読んでいたとしても、もう公言したくない過去になっている──。

心情はそのように描写できる。多くのリベラル派にとって彼の存在が可視化されるのは、時に物議を醸すツイッターの過激な発言を通してくらいだ。先日も、俳優・佐藤浩市がインタビューで安倍晋三首相の持病を揶揄したという一部の見方が広がったことを受けて、百田が「三流役者が、えらそうに!!」とツイートしたことがネットを騒がせた。過剰なまでのネット上の存在感と圧倒的な出版部数、逆にあまり見えてこない本人と読者の存在には大きなギャップがある。

◇ ◇ ◇

「サヨクか!」。見えない「百田尚樹」を追い掛ける取材はこんなひとことから始まった。19年3月26日、まだ肌寒かった東京・神保町の夜である。私は、三省堂書店神保町本店前の路上にいた。店内では、文庫化されたばかりの『今こそ、韓国に謝ろう』(飛鳥新社、19年)のサイン会が始まったところだった。サインをもらった人に声を掛け、読者像に迫ろうと考えていたのだ。

会は大盛況で、午後6時の開始前から整理券片手に待っている人であふれ返っていた。列の先頭は50歳前後のサラリーマン風の男性で、グレーのスーツに白いシャツ、ネクタイもきっちり締めて立っている。私に「サヨク」と叫んだ声の主は渋谷区在住の税理士の女性(48)である。最初のひとことこそ強烈だったが、取材の趣旨を説明すると快くインタビューに応じてくれた。

「私、靖国神社の例大祭に行ってもマスコミから声を掛けられるんですよ。だから、またかと思ってしまって......」。薄手のベージュのコートを羽織り、ややウエーブがかった髪という都会的ないでたちは、物々しい「靖国神社」から連想されるイメージとは程遠いものがあった。

彼女にとって、百田は「日本人の偉大さを思い出させてくれた小説家」だという。『海賊とよばれた男』(講談社、12年)などベストセラーとなった小説にほれ込み、百田の論説にものめり込んでいった。サイン会に来たのは、この日が初めてだという。7~8年前まで「知識がなく洗脳されていた」と冗談めかして語る彼女は、百田を介して日本の「真の姿」に接近していく。

その結果、今ではアジア各地を旅行していても、若い時に感じていた「日本はここまで侵略していたんだな」という感情は消え、「アジア解放のために戦った日本人」に思いをはせるようになったという。

彼女には在日韓国人の友人もいる。百田がツイッターで「韓国という国はクズ中のクズです! もちろん国民も!」などとつぶやく。これが彼らに対する「ヘイト」に満ちたものだ、という批判があることも知っている。しかし、友人たちとは政治の話はしない。あくまで自分の「意見」を持っているだけで、考えを他人に押し付けることはしたくないというのが彼女のスタンスだった。

ニュース速報

ビジネス

アングル:ECB理事会を巡る5つの疑問、戦略見直し

ワールド

新型肺炎の感染者1300人超、欧・豪州に拡大 中国

ワールド

アングル:外為法改正、海外投資家の異論続く 財務省

ワールド

焦点:温暖化阻止へ肉食メニュー排除 ダボス会議に問

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日以内の合意が必要

  • 2

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

  • 3

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 4

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 5

    韓国人留学生だった私しか知らない中曽根元首相の素顔

  • 6

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 7

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 8

    新型コロナウイルス肺炎、習近平の指示はなぜ遅れた…

  • 9

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 10

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 5

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 10

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月