最新記事

韓国

「元徴用工判決」への誤解を正す ICJ提訴は必ずしも有利にならない

2018年12月7日(金)11時30分
木村 幹(神戸大学教授)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

加えて言えば、今回の判決において多数意見に抗して「請求権協定で個人的請求権は消滅した」とする少数意見を主張した2人の判事のうち1人は、文在寅自身が大法院判事に任命した人物であり、逆に李明博、朴槿恵が任命した判事は6人のうち5人が今回の判決を支持している。事態は、文在寅に近い「左派」の裁判官が今回の判決を支持し、「右派」がこれに抗したという図式とは大きく隔たったものとなっているのである。

強調すべきは、今回の事態にどのように対処していくにせよ、正確な事態の認識無しには効率的な対処は不可能だということである。従前の安易なステレオタイプに依存せず、目の前の状況を正確に報じ、議論することが必要である。メディアの奮起が重要になる。

そして同じことは日本政府についても言うことができる。例えば、この判決の直後、与党のそれを含む多くの政治家が、この判決を「国際法違反」だと糾弾し、問題を直ちに請求権協定に規定された仲裁委員会や、さらにはそれをも飛び越えて国際司法裁判所(ICJ)の審判に付して解決すべきだと主張した。そして恐らくその背景にあったのは、今回の大法院判決が明らかに請求権協定に反するものであり、国際的な司法の場に持ち込みさえすれば日本が必ず勝てるはずだ、という理解であったに違いない。

しかしながら、事態はそれほど簡単ではない。なぜなら、仮にこの問題を国際的な場に持ち込めば、そこで問われるのは、大法院判決の是非ではなく、請求権協定そのものの解釈になるからである。当然、そこでは元徴用工等が有する請求権のみならず、元慰安婦やサハリン在留韓国人、さらには韓国人原爆被爆者の補償問題についても議論されることになる。

とりわけ重要なのは、慰安婦問題についての国際社会の理解が必ずしも日本政府にとって有利とは言えない状況にあることであり、それ故対処を誤れば、仮に元徴用工等に関わる部分では勝訴しても、元慰安婦らに関わる部分で日本側は敗訴する、という可能性もないわけではない。国際社会における慰安婦問題への注目度は、元徴用工等に対するそれよりもはるかに大きい。韓国政府からすれば、元徴用工等部分で敗訴しても慰安婦部分で勝訴することができれば、十分過ぎるほどのポイントを稼ぐことになるだろう。

だからこそ、この状況でもう一度、日韓両国がこれまで歩んできた歴史認識問題をめぐる議論を洗い直し、冷静な対処方法を考えることが重要だ。一体どのような方策が最もわが国の国益にかなうのか。法律的な議論であるからこそ、プロフェッショナルな姿勢が問われている。(一部敬称略)

[執筆者]
木村 幹(きむら・かん)
神戸大学教授
1966年大阪府生まれ。京都大学大学院博士後期課程中途退学、博士(法学)。愛媛大学講師等を経て2005年より現職。その間に、ハーバード大学、高麗大学等にて客員研究員等を歴任。著書に、『だまされないための「韓国」』(浅羽祐樹・安田峰俊との共著。講談社)、『日韓歴史認識問題とは何か』(ミネルヴァ書房、14年)等多数。

※当記事は時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」からの転載記事です。
janetlogo200.jpg

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

メイ英首相、24日に辞任表明の見通し=タイムズ

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

  • 3

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 4

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 5

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 6

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 7

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 8

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 9

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 10

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 10

    中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月