最新記事

韓国

「元徴用工判決」への誤解を正す ICJ提訴は必ずしも有利にならない

2018年12月7日(金)11時30分
木村 幹(神戸大学教授)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

加えて言えば、今回の判決において多数意見に抗して「請求権協定で個人的請求権は消滅した」とする少数意見を主張した2人の判事のうち1人は、文在寅自身が大法院判事に任命した人物であり、逆に李明博、朴槿恵が任命した判事は6人のうち5人が今回の判決を支持している。事態は、文在寅に近い「左派」の裁判官が今回の判決を支持し、「右派」がこれに抗したという図式とは大きく隔たったものとなっているのである。

強調すべきは、今回の事態にどのように対処していくにせよ、正確な事態の認識無しには効率的な対処は不可能だということである。従前の安易なステレオタイプに依存せず、目の前の状況を正確に報じ、議論することが必要である。メディアの奮起が重要になる。

そして同じことは日本政府についても言うことができる。例えば、この判決の直後、与党のそれを含む多くの政治家が、この判決を「国際法違反」だと糾弾し、問題を直ちに請求権協定に規定された仲裁委員会や、さらにはそれをも飛び越えて国際司法裁判所(ICJ)の審判に付して解決すべきだと主張した。そして恐らくその背景にあったのは、今回の大法院判決が明らかに請求権協定に反するものであり、国際的な司法の場に持ち込みさえすれば日本が必ず勝てるはずだ、という理解であったに違いない。

しかしながら、事態はそれほど簡単ではない。なぜなら、仮にこの問題を国際的な場に持ち込めば、そこで問われるのは、大法院判決の是非ではなく、請求権協定そのものの解釈になるからである。当然、そこでは元徴用工等が有する請求権のみならず、元慰安婦やサハリン在留韓国人、さらには韓国人原爆被爆者の補償問題についても議論されることになる。

とりわけ重要なのは、慰安婦問題についての国際社会の理解が必ずしも日本政府にとって有利とは言えない状況にあることであり、それ故対処を誤れば、仮に元徴用工等に関わる部分では勝訴しても、元慰安婦らに関わる部分で日本側は敗訴する、という可能性もないわけではない。国際社会における慰安婦問題への注目度は、元徴用工等に対するそれよりもはるかに大きい。韓国政府からすれば、元徴用工等部分で敗訴しても慰安婦部分で勝訴することができれば、十分過ぎるほどのポイントを稼ぐことになるだろう。

だからこそ、この状況でもう一度、日韓両国がこれまで歩んできた歴史認識問題をめぐる議論を洗い直し、冷静な対処方法を考えることが重要だ。一体どのような方策が最もわが国の国益にかなうのか。法律的な議論であるからこそ、プロフェッショナルな姿勢が問われている。(一部敬称略)

[執筆者]
木村 幹(きむら・かん)
神戸大学教授
1966年大阪府生まれ。京都大学大学院博士後期課程中途退学、博士(法学)。愛媛大学講師等を経て2005年より現職。その間に、ハーバード大学、高麗大学等にて客員研究員等を歴任。著書に、『だまされないための「韓国」』(浅羽祐樹・安田峰俊との共著。講談社)、『日韓歴史認識問題とは何か』(ミネルヴァ書房、14年)等多数。

※当記事は時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」からの転載記事です。
janetlogo200.jpg

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    「壁」なんてくだらないと、トランプ支持者が怒りは…

  • 8

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人…

  • 8

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 9

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 10

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月