プレスリリース

ナビゲーションシステム市場は、2020年から2027年の予測期間中に健全なCAGRで成長すると予想されます

2021年05月04日(火)15時20分
Report Ocean
2021年4月29日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、-ナビゲーションシステム市場は、2020年から2027年の予測期間中に健全なCAGRで成長すると予想されます


世界のナビゲーションシステム市場は、2020年から2027年の予測期間中に健全なCAGRで成長すると予想されます



レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw2127

市場概況:


ナビゲーションシステムはガイドマップとして機能することができます。一般に、ナビゲーションシステムは、信号周波数が生成されるソースに依存しています。これには主に、無線、電子、および衛星から放出される周波数が含まれます。多くの場合、このシステムは、交通の流れを強化し、ユーザーを誘導し、出荷と小包の追跡にも役立ちます。また、デバイスの種類に基づいて気象警報を追跡するのにも役立ちます。ナビゲーションシステムの使用は、フリート管理会社にとって費用効果が高いことが証明されています。自動車用途では、ナビゲーションシステムが車両に安全性とセキュリティを提供し、世界中でその採用を促進しています。さらに、セキュリティ上の理由から航空および防衛部門でのナビゲーションシステムの適用の増加は、過去数年間で市場の成長を大幅に助けてきました。たとえば、2018年に、インド空港局は、インド宇宙研究機関(ISRO)と協力して、GPS支援の地理拡張ナビゲーションシステム、つまりGAGANプロジェクトを展開しました。このコラボレーションは、インド領空で雇用されている多くの利害関係者を支援する可能性があります。同様に、BeiDuとして知られる中国の衛星ナビゲーションシステムは、2020年までに2,980億米ドルのサービス市場を創出する可能性があります。また、BeiDou-3ナビゲーション衛星システム(BDS)でGPSに匹敵する300の衛星を導入する予定です。このようなイニシアチブは、ナビゲーションシステム市場の成長を促進する可能性があります。これとは別に、世界貿易と海上交通の増加に加えて、産業用アプリケーションでのリアルタイム情報に対する需要の急増は、予測期間中の市場の高いCAGRの原因となる他のいくつかの要因です。ただし、プライバシーの問題とセキュリティの懸念と相まって、地元の知識の欠如は、2020年から2027年の予測期間にわたって市場の成長を制限するいくつかの要因です。

世界のナビゲーションシステム市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の世界などの主要地域について検討されています。北米は、ナビゲーションシステムを実装するための政府のサポートの高まりと、この地域での市場ベンダーの重要な存在により、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域は、2020年から2027年の予測期間にわたって最高の成長率/ CAGRを示すと予想されています。航空および自動車産業におけるリアルタイム情報の需要の増加と、中国やインドなどの発展途上国におけるセルラーネットワークインフラストラクチャの急増する浸透などの要因は、アジア太平洋地域のナビゲーションシステム市場。

このレポートに含まれる主要な市場プレーヤーは次のとおりです。


ガーミン株式会社
Honeywell International Inc.
Collins Aerospace Inc.
Safran Electronics&Defense Inc.
KVH Industries Inc.
レイセオンカンパニーリミテッド。
SBGシステムSAS
Advanced Navigation Inc.
Trimble Navigation Ltd.
ノースロップグラマンコーポレーション

詳細については、sales@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。
レポートはまた、日本の詳細な分析を提供します


この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

タイプ別:


衛星ナビゲーションシステム
外科ナビゲーションシステム
慣性航法システム
Ohers


アプリケーション別:


防衛
航空
海事
自動車
その他


地域別:


北米
米国
カナダ
ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア

アジア太平洋地域
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
世界のその他の地域


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw2127

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

FRBの政策変更検討前に「数カ月のデータ」必要=ウ

ビジネス

量的緩和で所得格差は拡大も、影響見極めへ=カナダ中

ビジネス

韓国現代自、電気自動車製造で米国に投資 25年まで

ビジネス

米、医療従事者の増強へ74億ドル拠出 将来のパンデ

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 3

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 9

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英…

  • 10

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中