プレスリリース

tacicaが新たに発足するプライベート・レーベルからNEWシングル『冒険衝動 / stars』をリリース!

2020年11月22日(日)10時00分
The Orchard Japan
tacicaが新たに発足するプライベート・レーベル SEMELPAROUS (セメルパルス)より『冒険衝動 / stars』がリリースされた。

M1.冒険衝動は、エモーショナルなロックナンバー。今の時代を、そして未来への期待を抱かせる曲。M2.starsは、tacica初のピアノを前面に押し出した、かつエレクトロチックなスローナンバー。本作品は本日11月22日より開催されるツアー“Space Folk”のライブ会場からCD販売がスタート。デジタルリリースも行われている。



ボーカル・ギターの猪狩は「今回の作品は直近で二日間に分けて行ったライブ、timeless momentにも深く関わりのあるモノになっています。「これまで」と「これから」はその2つを表現して初めて「現在」のtacicaと言えること。
『冒険衝動 / stars』は今、tacicaを伝える上で間違いなく必要な作品になった。」と話している。

【リリース情報】
両A面 NEW SINGLE : 冒険衝動 / stars
2020年11月22日(日)発売
収録曲 : 1.冒険衝動 2.stars
SPS-0001 / 1,200円(tax in)
発売元・販売元 : SEMELPAROUS (FOOL’S GOLD Inc.)
(ライブ会場・通信販売・デジタルリリースになります。)
ティザー映像 https://www.youtube.com/watch?v=5j0RImj6UqQ

【LIVE情報】
tacica premium acoustic live “Space Folk”
 ◦2020年11月22日(日) 大阪UMEDA TRAD
 ◦2020年11月23日(月・祝) 名古屋BOTTOM LINE
 ◦2020年12月 6日(日) 東京キネマ倶楽部

 [1st stage] OPEN 15:00 / START 16:00
 [2nd stage] OPEN 18:30 / START 19:30(※配信開始時間)

各ライブ70分前後/2nd stageのみ生配信/各会場共通
配信・視聴券はイープラス Streaming+にて絶賛販売中!
会場ライブチケットはイープラスにて販売中!
詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

【関連リンク】
オフィシャルサイト:https://tacica.jp

【プロフィール】
2005年に札幌で結成されたロックバンド。07年リリースのデビューミニアルバムが軒並みインディーズチャート 1位を獲得し、08年にメジャー移籍。その後もメディア露出がほぼ無いなかシングル、アルバム共にオリコンTOP10入りを記録。彼らの哲学的な歌詞の世界観は、ファンには人生の指針として愛されるようになる。
アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』、『宇宙兄弟』、『ハイキュー!! 』のタイアップを担当。
『ハイキュー!! 』のエンディングテーマ [LEO] はYouTube再生回数が230万回を超え未だに伸び続けている。
更に2020年4月放送のアニメ『波よ聞いてくれ 』ではオープニングテーマを担当し、主題歌である”aranami”は
iTunes Storeロック部門第4位を獲得した。YouTubeでのMV再生回数も78万回を突破し100万回に迫る勢い。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

焦点:冬を迎えた欧州、コロナ流行でインフル激減の可

ワールド

米、中国との文化交流5プログラム廃止 「政治宣伝に

ビジネス

ドル小幅高、英EU通商協議停止で=NY市場

ビジネス

米国株248ドル高、雇用統計低調で追加支援策に期待

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティストが中国の「国民的英雄」に

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 7

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 8

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 9

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 10

    中国の研究者1000人超が米国を出国 技術盗用規制強…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!