プレスリリース

『ヒーローズウォー:カウンターアタック』のゲーム詳細を公開!

2020年10月23日(金)11時59分
GAMEVIL COM2US Japan
スマートフォン向けモバイルゲーム企業Com2uS(代表:ソン・ビョンジュン)と株式会社GAMEVIL COM2US Japan(東京都新宿区、代表取締役社長:金鎮用(キムジンヨン))は、現在事前登録受付中のターン制RPG『ヒーローズウォー:カウンターアタック』のゲーム情報を公開いたしました。




□事前登録はコチラ
https://heroeswar.com2us.com/ja

■ターン制RPGの新しい進化『ヒーローズウォー:カウンターアタック』
『ヒーローズウォー:カウンターアタック』はCom2uSがお届けする期待の新作です。2013年に同社でリリースし、多くのユーザーに愛されたシミュレーションRPG『ヒーローズウォー』の最新作です。

前作のターン制ストラテジーバトルの長所はそのままに、アクションゲームさながらのダイナミックなバトルアクションや爽快な手応えが加わり、ターン制RPGファンに今までとはひと味違う体験を提供します。

■ユーザーを魅了する独特な世界観
『ヒーローズウォー:カウンターアタック』の舞台は人類の1/3が死亡、またはゾンビのような姿になってしまったポストアポカリプス世界で、対立する二つ勢力が登場します。人間側の「生存者連合」と突然変異を起こした変形人間側の「ハーツ同盟」が人類最後の生き残りになるために激突する壮大な物語です。

『ヒーローズウォー:カウンターアタック』には、二つの勢力に属する個性豊かなキャラクターたちが登場します。感染により半人半獣のような姿に変異した「ハーツ同盟」のキャラクターたちは怪物じみた身体能力を持っていますが、変異が起こる前と同じく人間としての知性と感情を保った存在として描かれており、『ヒーローズウォー:カウンターアタック』のポストアポカリプス世界観の雰囲気や特徴・個性がたっぷり味わえます。

現在、『ヒーローズウォー:カウンターアタック』公式Facebookでは、キャラクターたちのストーリーを毎日公開中ですので、ぜひチェックしてみてください。

□『ヒーローズウォー:カウンターアタック』公式Facebook:
https://www.facebook.com/HeroesWarJP




■勝敗を分けるカギは戦略のみ!独特なバトルシステム
『ヒーローズウォー:カウンターアタック』は繊細な頭脳コントロールを要するターン制バトルゲームです。
ターン交代で攻撃と守備を繰り返すのは既存のターン制バトル方式と同じですが、キャラクターの移動範囲やスキル射程範囲など新しい要素を加えることにより、司令塔になったユーザーは一手先、二手先を読む戦略構築の楽しさを体験できます。
特に自分のキャラクターと敵の位置によって勝敗が分かれる場合が多いため、極限の戦略眼が必要となります。

また、「レイジスキル」という新たな戦略要素を取り入れて「反撃の面白さ」を追求しました。「レイジスキル」は相手のターンでもレイジゲージが満タンになると発動が可能で、キャラクターによってスキル効果が異なるため様々な戦略構築が可能です。
そして、アクションゲームに匹敵する手応えとスピード感、華麗なスキルエフェクトで、既存のターン制バトルゲームと差をつけています。



■キャラクター収集のストレスから解放された収集型RPG
『ヒーローズウォー:カウンターアタック』のもう一つの特徴は収集型ゲームでありながら、「どんなにガチャをまわしても、ほしいキャラクターが出ない」というお約束のようなストレスがないことです。
ユーザーはゲームプレイに必要な傭兵キャラクターといつでも契約を結ぶことができます。また、毎日ランダムに登場する「今日の傭兵」を通して欲しいキャラクターを簡単に獲得することができます。


■やること満載!盛りだくさんのゲームコンテンツ
『ヒーローズウォー:カウンターアタック』には、その世界観を堪能できる膨大なストーリーモード、攻略の面白さを体験できる様々なPvEコンテンツ、ユーザー同士の競争を通して豪華報酬を獲得できるPvPコンテンツなど多彩なコンテンツが用意されています。

ユーザーはストーリーモードや実験体追跡、バトルセンター、傭兵団任務など様々なコンテンツプレイを通して自分のキャラクターを育成できます。アリーナなどのPvPコンテンツで実力を見せつけることも可能です。
また、フレンドと一緒にゲームを楽しめるパーティーコンテンツで協力プレイも楽しめます。

□『ヒーローズウォー:カウンターアタック』事前登録サイト:
https://heroeswar.com2us.com/ja
□『ヒーローズウォー:カウンターアタック』公式Facebook:
https://www.facebook.com/HeroesWarJP
□『ヒーローズウォー:カウンターアタック』ティザームービー:



【配信概要】


『ヒーローズウォー:カウンターアタック』
価格:基本プレイ無料(アイテム課金)
権利表記:(C) 2020 Com2us Corp. All Rights Reserved.
▼Google Play URL
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.com2us.hw2.normal.freefull.google.global.android.common

【注意事項】
※画像は開発途上のものです。実際の配信内容とは異なる場合は、配信中の内容を優先します。
※Apple、Apple ロゴ、iPhone、およびiPod touch は米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App StoreはApple Inc. のサービスマークです。
※Google Play および Google Play ロゴは、Google LLCの商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

WHO、マスク着用巡る指針強化 世界的な感染第2波

ビジネス

米ADP民間雇用、11月は予想下回る30.7万人増

ビジネス

モデルナのコロナワクチン、17日検討会受け最短24

ワールド

北朝鮮、J&Jなどにもサイバー攻撃の疑い コロナ情

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 7

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 8

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 9

    警官の暴力は許せないが、警官の顔撮影は禁止すると…

  • 10

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!