プレスリリース

TikTokでブレーク。期待の4姉妹ガールズバンドCrimson Apple(クリムゾン アップル)待望の新曲「Break Your Heart Worse」リリース!

2020年05月22日(金)17時41分
The Orchard Japan
「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」をカバーしたハワイ・オアフ島出身の4姉妹がTikTokで話題に!

日本とのクオーターということもあってか、インディーズ・ロックやオルタナティブだけでなく、J-pop/rock からも影響を受けた彼女たちが、日本で流行しているアニメ「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」のカバーを英語と日本語で披露すると、アメリカ国内のアニメファンが飛びつき、そこから日本にも飛び火。フォロワー数は瞬く間に増えたことで、日本でも注目を集める4姉妹が、新曲をリリースした!



写真左からコルビー(次女・Vo), シェルビー(長女・Gt), フェイス(4女・Dr)、カーシー(3女・Ba)

コロナ禍の自粛生活の影響もあってかアメリカでのTikTokユーザーが急増、その波に乗るかのごとく、急激にフォロワー数を伸ばしているのが4姉妹で形成されるバンド、Crimson Apple。ハワイ・オアフ島出身の4姉妹はバンドを結成、ハワイのグラミー賞といわれる「Na-Hoku-Hanohano Awards」ではオルタナティブ・アルバム・オブ・ザ・イヤー、最も将来性のある有望なアーティストに与えられるモスト・プロミシング・アーティスト賞、およびグループ賞の3つの賞にノミネート。音楽のキャリアをさらに追い求めるために2015年、活動拠点をロサンゼルルスへと移した。

メンバーが姉妹ということもあり幼いころから一緒に音楽をやってきたと思われがちだが、実は、クリムゾン・アップルの結成は2012年の夏。四姉妹はそれまでは共に音楽を奏でることはなく、それぞれが楽器を手にしているだけだった。そしてある日、姉妹全員で音楽ができれば、きっと完璧なバンドになるに違いないと気づく。

以来、音楽制作活動の傍ら全米各地の多くのフェスティバルでメジャーなアーティスト達、ザ・チェインスモーカーズやプレイン・ホワイト・ティーズ、オール・タイム・ロウなどのオープニングアクトとして演奏している。

日本とのクオーターということもあってか、インディーズ・ロックやオルタナティブだけでなく、J-pop/rock からも影響を受けた。TikTokで日々ファンが増える中、日本で流行しているアニメ「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」のカバーを英語と日本語で披露。発表後、アメリカ国内のアニメファンが飛びつき、そこから日本にも飛び火、フォロワー数は瞬く間に倍以上増え、現在50万人を獲得。単に英語のカバーかと思っていたらサビを日本語で完璧に歌っているところに鳥肌が立ったというような感想をはじめ、8千を超えるコメントが殺到。初めて彼女たちの存在を知った新しいフォロワーがそこからオリジナル曲に辿り付き、前ミニアルバム「Somebody」を聞いて彼女たちの完成度の高さに驚く。

「Somebody」はONE OK ROCKやUVERworldのサウンドプロデューサー平出悟氏がプロデュースをしており、アメリカのバンドでは珍しいコラボレーションが実現。

叙事詩的で映画のようなダークポップが売りの彼女たちの待望のリリースが5月22日に決定した。
シングル「Break Your Heart Worse」。美しい姉妹という見た目とは違い、狂気とも言える人の心のダークサイドを描き、歌い上げた今作は今後の彼女たちの代表作となることは間違いない。

5月22日配信リリース Crimson Apple [Break Your Heart Worse]


Crimson Apple オフィシャルホームページ:www.crimsonappleband.com
Tik Tok: https://www.tiktok.com/@crimsonappleband
Facebook: https://www.facebook.com/crimsonappleband/
Twitter: https://twitter.com/crimsonapplexo
Instagram: https://www.instagram.com/crimsonapple/

[プロフィール]



Colby (コルビー Vo) - 12月12日生まれ
ベンソン家の次女。9歳の時、家の大掃除をしていた母が「オペラ座の怪人」のC Dを見つける。コルビーはそのCDをとても気に入り、何度も繰り返し聞いた。ある日、家の2階から「オペラ座の怪人」が聞こえてきて、CDをかけたままコルビーが何処かに行ってしまったようだと、消しに行くと、それはCDではなくコルビーがそこで歌っていた。娘の歌声に驚いた母はすぐさま彼女をボーカルレッスンを受けさせ、コルビーはボーカリストとして育って行った。 音楽以外では大の麒麟好き。
Instagram : https://www.instagram.com/colbybensonmusic/

Shelby (シェルビー Gt)- 9月18日生まれ
ベンソン家の長女。幼い頃からピアノを習っていたがピアノが嫌いで代わりにギターを習いたいと言い続けていた。高校生になってようやく願い叶ってエレキギターを弾き始める。Paramore, Panic at the Disco, Owl Cityに影響を受ける。 料理が得意という一面もある。
Instagram: https://www.instagram.com/crimson_shelby/

Carthi (カーシー Ba ) – 10月18日生まれ
ベンソン家の三女。姉たちが使っていたのでベースは常に家にあった。あるライブを見に行った際にベースの魅了に引き込まれ、家で練習をするようになる。中学生以来ベース一筋。姉妹の中で一番のアニメファン。特に好きな日本のアニメは「コードギアス」「D.Gray-man」「家庭教師ヒットマン REBORN!」
https://www.instagram.com/waitingonkurosaki/


Faith (フェイス Dr) - 5月8日生まれ
ベンソン家四女。ドラマーだった父の影響を受け、12歳の時にドラムを叩き始める。最初はうまくリズムを刻めなく、毎朝5時に起きて練習を重ねた。姉妹の中では一番人懐っこく、社交的。
https://www.instagram.com/faithndrums/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

ドル指数11週ぶり安値、リスクオン継続 豪ドル好調

ワールド

抗マラリア薬、新型コロナ治療で効果示されず 初の主

ワールド

原油先物は小幅高、減産延長巡り不透明感強まる

ワールド

米、中国報道機関2社を政府「組織」認定へ 規制強化

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!