プレスリリース

BALLISTIK BOYZ、葵わかな、モトーラ世理奈、神尾楓珠、富田望生など注目の“ゲームチェンジャー”たちが登場。『VOGUE GIRL』新企画「fresh ENERGY」スタート。

2020年04月08日(水)16時00分
コンデナスト・ジャパン

VOGUE GIRL (C) 2020 Conde Nast Japan. All rights reserved.
 インターナショナルなモードやトレンドに敏感な女性たちに、スタイルを持った生き方を提唱する新世代WEBマガジン『VOGUE GIRL』(https://voguegirl.jp/)は、時代のゲームチェンジャーとして、これからの活躍が期待されるガール世代の注目株に、今年の野望や目標、彼らが見つめる “これから”にせまる新企画「fresh ENERGY」をスタートしました。

「fresh ENERGY」:https://voguegirl.jp/series/fresh-energy/

現在、ウェブサイトでは以下の5つのストーリーを公開しています。

Vol.1「見つめるのは10年後の自分。女優、葵わかなが目指す未来。」
第一回のゲストは、21歳にして芸歴10年以上。フレッシュな魅力と実力を兼ね備えた女優、葵わかなさん。(PHOTO:WAKABA NODA(TRON))

※記事は以下のリンクからご覧ください。
https://voguegirl.jp/lifestyle/people/fresh-energy-wakana-aoi/




Vo.2「気負わずマイペースに。神尾楓珠が見つめる“これから”の自分。」
ファースト写真集『Continue』が発売中のほか、若手俳優の中でも独自の存在感を放つ神尾楓珠さん。(PHOTO:WAKABA NODA(TRON))

※記事は以下のリンクからご覧ください。
https://voguegirl.jp/lifestyle/people/fresh-energy-fuju-kamio/




Vo.3「世界をもっと知りたい。モトーラ世理奈が抱く未来への野望。」
モデルとしてファッション業界から多数のラブコールを受けるモトーラ世理奈さん。(PHOTO:MASAMI SANO(KIKI INC.))

※記事は以下のリンクからご覧ください。
https://voguegirl.jp/lifestyle/people/fresh-energy-serena-motola/




Vo.4「気鋭の若手女優が見つめる世界とは? 富田望生、20歳の素顔。」
2020年4月クールのドラマ「美食探偵 明智五郎」ではヒロインの親友・桃子役にて出演。確かな演技力で若手ながらも実力派女優として注目される富田望生さん。(PHOTO:MASAMI SANO(KIKI INC.))

※記事は以下のリンクからご覧ください。
https://voguegirl.jp/lifestyle/people/fresh-energy-miu-tomita/



Vo.5「未来のために、今を全力で。EXILE TRIBEの新星「BALLISTIK BOYZ」の目指す道。」
EXILE TRIBE初の全員がボーカルとパフォーマーを兼任するフリースタイルグループ「BALLISTIK BOYZ」。現在、初の全国ツアーを開催中。

※記事は以下のリンクからご覧ください。
https://voguegirl.jp/lifestyle/people/fresh-energy-ballistik-boyz/


【VOGUE GIRL】
『VOGUE JAPAN』の増刊として、2011年3月から2015年3月までコンデナスト・ジャパン社より発行。2015年秋よりデジタルに完全移行。 デジタルメディアをマルチリンクさせ、世界視野のモードやトレンドに出会うミレニアル世代のヴォーグ ガールたちに、ジャンルや国境を飛び越え「可愛い」だけではなく、スタイルを持った生き方を提唱する。

【デジタルリンク先】
・公式サイト: https://voguegirl.jp/
・Facebook: VOGUEgirlJapan
・Twitter: VOGUEgirlJAPAN
・Instagram: voguegirljapan
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

米首都市長、ホワイトハウス前通りを抗議スローガンに

ビジネス

米ダウ829ドル高、好調な雇用統計で景気期待さらに

ビジネス

ドル小幅高、予想外の雇用統計に反応 上値は重く=N

ビジネス

米FRB議長、4月は財務長官と連日協議 新型コロナ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    韓国サッカーKリーグ客席にラブドール 問題は人形の…

  • 9

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!