プレスリリース

【今日という日を勝つしかねえもんなっ!】Jユースサッカーを描いた話題作『アオアシ』が4/8(水)~ピッコマで“待てば¥0”範囲増量キャンペーン!

2020年04月08日(水)14時00分
株式会社カカオジャパン
電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」にて「待てば¥0」で好評配信中




ピッコマでは、4/8(水)より、“Jリーグのユースチーム”に焦点を当てた話題のサッカーマンガ『アオアシ』(小学館)の「待てば¥0」範囲拡張キャンペーンを実施いたします。
普段なかなか注目されることのないJユースサッカーを舞台にした、リアリティ溢れる青春ドラマをこの機会にピッコマにてお楽しみください。

「待てば¥0」モデルとは?
「待てば¥0」とは、23時間ごとに1話ずつ無料閲覧できる仕組みです。一度読んだ「話」は、72時間以内であれば何度でも繰り返し読めます。さらに「待てば¥0」で読める作品数は、1日1作品に限られておらず、対象作品であれば何作品でも無料で1話を読むことが可能です。現在多くのマンガアプリでこの仕組みが採用されていますが、ピッコマは2016年のサービススタート時より「待てば¥0」の仕組みを導入していて、現在、「待てば¥0」で読める対象作品数が7,000作品以上と、充実のラインナップが特徴です。スキマ時間やおうち時間にたくさんの作品を試してみたい方にオススメです。

(C)小林有吾/小学館
Jユースサッカーを描いた話題作!
『アオアシ』小林有吾(小学館)

愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

今だけ「待てば¥0」範囲拡張中!
https://piccoma.com/web/product/4792?etype=episode


●ピッコマについて
「ピッコマ」は、話題の人気マンガやノベル、オリジナル作品マンガを、毎日待つだけで 1 作品につき 1 話を無料 で読むことができる電子マンガ・ノベルサービスです。アプリ版「ピッコマ」は 2016 年 4 月 20 日のサービスリリース 以来、累計 1,800万ダウンロードを突破しております。※ 累計ダウンロード数は 2020 年 1月時点の iOS/Android の合算です。


●「ピッコマ」サービス概要
サービス名:ピッコマ
プラットホーム:iOS / Android / Web
利用料金:無料(一部サービス内課金あり)
アプリダウンロード:http://piccoma.com/web/redir/853
公式サイト:https://piccoma.com/web
公式 Twitter:https://twitter.com/piccoma_jp
運営:株式会社カカオジャパン
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

米首都市長、ホワイトハウス前通りを抗議スローガンに

ビジネス

米ダウ829ドル高、好調な雇用統計で景気期待さらに

ビジネス

ドル小幅高、予想外の雇用統計に反応 上値は重く=N

ビジネス

米FRB議長、4月は財務長官と連日協議 新型コロナ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    韓国サッカーKリーグ客席にラブドール 問題は人形の…

  • 9

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!