プレスリリース

“絵本のような癒しRPG”『Ash Tale-風の大陸-(アッシュテイル)』アバターガチャに6種類のアバターが登場!

2020年03月26日(木)12時04分
X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN株式会社
 X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN株式会社は2020年3月26日(木)、スマートフォン向けアプリ『Ash Tale-風の大陸-』において、アバターガチャに衣装アバター4種、背中アバター2種、合計6種類のアバターが登場したことをお知らせいたします。 [お知らせページ] https://ashtale.x-legend.co.jp/notice/detail.php?news_id=8980


アバターガチャに期間限定で登場する6種類のアバターをご紹介
 2020年3月26日(木)0:00より、ドーナッツを食べるかわいいハムスターの背中アバターなど、計6種類のアバターがガチャに登場いたしました。お気に入りのアバターに着替えて、気分を新たに冒険をお楽しみください。

●衣装アバター

黒煙の指揮者(女性限定)
ヤングスタジャン(女性限定)
硝煙の先導者(男性限定)
ヤングスタジャン(男性限定)
[販売期間]
2020年3月26日(木)0:00~
2020年4月1日(水)23:59まで(予定)

●背中アバター

カラフルウィング(男女共通)
カラフルウィング(男女共通)
[販売期間]
2020年3月26日(木)0:00~
2020年4月1日(水)23:59まで(予定)
ハムドーナッツ(男女共通)
ハムドーナッツ(男女共通)
[販売期間]
2020年3月26日(木)0:00~
2020年4月8日(水)23:59まで(予定)

※本ページで登場するガチャは、キャラクターレベルが10以上でプレイできます。

■『Ash Tale–風の大陸-』とは
 『Ash Tale–風の大陸-』は、全世界1000万ダウンロードを記録しているスマートフォン向けアプリです。絵本のような世界の中に可愛らしいグラフィックのキャラクターが多数登場します。冒険やバトルはもちろん、ほのぼのとした農場ライフを楽しむことができるファーム機能といった魅力的なやりこみ要素のほか、冒険をアシストしてくれるオート機能で、オンラインゲームが初めての方でも迷うことなくファンタジーの世界を楽しむことができます。

■概要


タイトル     :Ash Tale-風の大陸-(アッシュテイル)
ジャンル     :ドラマチックアクションRPG
料金       :基本プレイ無料、アイテム課金制
プラットフォーム :App Store、Google Play、Windows
App Store     :https://go.onelink.me/app/440733b8
Google Play    :https://go.onelink.me/app/155e0683
公式サイト    :http://ashtale.x-legend.co.jp
公式Twitter     :https://twitter.com/ashtale_info
コーポレートサイト:http://www.x-legend.jp/

【著作権表記】
(C)2020 X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN CO., LTD.
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

アングル:欧州航空、搭乗前検査で「陰性オンリー」便

ワールド

韓国の新型コロナ感染、8月の再拡大以降で最低に

ビジネス

前場の日経平均は続伸、権利付き最終日でしっかりした

ワールド

トランプ氏、奴隷解放記念日の祝日化約束 黒人有権者

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 7

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 8

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!