プレスリリース

ブルガリ イル・チョコラート 春の訪れと平和への願いを込めて - イタリア復活祭のお菓子「コロンバ」を4月3日より限定発売

2020年03月28日(土)10時00分
ブルガリ ジャパン株式会社
イタリアの「イースター(復活祭)」では、平和、そして自然の中に眠っていた生命の目覚めを称え「コロンバ」(鳩の形をした焼き菓子 )が登場します。ブルガリ イル・チョコラートからもこの度、 限定でオリジナル「コロンバ」を発売致します。




しっとりとしたリッチな味わいと風味が魅力

このケーキは、伝統的な製法で作られます。イタリア産高品質の小麦粉と自家製天然酵母を用いで作った種に、卵黄、自家製バニラシュガー、バター、オレンジとレモンピールを加え、その後、象徴的な鳩の形に焼き上げ、最後にパール シュガーとアーモンドをトッピングします。それぞれの素材の風味が十分に引き出されたコロンバは、香り高く、卵黄とバターでしっとりとした柔らかい食感をお楽しみ頂けます。

「平和の象徴」である鳩に「豊穣の印」アーモンド

古代ローマ人は、神話においてもギリシャの影響を強く受けており、神話に登場する神・女神を主に崇拝していましたが、ローマ帝国時代から、その信仰はキリスト教へと移行していきます。こんにち、キリスト教のお祝いのお菓子に ギリシャ神話の世界で豊穣の印とされたアーモンドを仕上げにあしらうところにもユニークでイタリアならではの文化が垣間みられます。甘美な歴史を持つイタリアの季節限定のお菓子をこの機会に是非お楽しみください。

【オンラインショップ】 http://gourmet.bulgari.com/
【店舗】
ブルガリ銀座タワー10F「ブルガリ イル・チョコラート」
松屋銀座B1F「ブルガリ イル・チョコラート」
阪急うめだ本店5F「ブルガリ イル・カフェ」
大阪高島屋B1F「ブルガリ イル・チョコラート

発売日:4月3日(金)
価格:価格:3,800円 (税込み) 

お問合せ:
ブルガリイル・チョコラート TEL: 03-6362-0510
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

国内新車販売、5月は44.9%減で同月として過去最

ビジネス

韓国現代自動車、5月の世界販売は前年比39%減 新

ビジネス

一般会計税収4月は前年比29.4%減、申告期限延長

ワールド

中国の利益を狙った米国の試み、対抗措置に直面へ=中

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 5

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 6

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 7

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 8

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!