プレスリリース

「サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬」3月26日新発売

2020年03月26日(木)12時00分
パタゴニア日本支社
責任ある漁法で捕獲された、常温保存可能なスペイン・サントーニャ沖のサバ

アウトドア企業のパタゴニア社の子会社であるパタゴニア・インターナショナル・インク日本支社は、食品事業「パタゴニア プロビジョンズ」から2020年3月26日、3種類の「サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬」を発売いたします。


アウトドア企業のパタゴニア社の子会社であるパタゴニア・インターナショナル・インク日本支社(本社:米国カリフォルニア州ベンチュラ、日本支社:神奈川県横浜市、日本支社長:マーティ・ポンフレー)は、食品事業「パタゴニア プロビジョンズ」から2020年3月26日、3種類の「サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬」を発売いたします。

新製品「サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬」は、一般的なサバ漁で使用する網ではなく、釣り針と赤い糸を使う伝統的な漁法で、スペイン・サントーニャ沖で捕獲されたサバをオーガニック・エクストラバージンオリーブオイル漬にしました。しっかりとした肉感と旨味のあるサントーニャ・サバに、ガーリックやパプリカ、ケイパーで風味豊かに味付けた製品です。サバはたんぱく質(19~21g)、ビタミンB12、ビタミンE、ナイアシン、セレンの優れた供給源で、1缶当たり500mgのオメガ3脂肪酸を含みます。

パタゴニア プロビジョンズは、責任ある農業や漁業をサポートすることで、私たちの故郷である地球を救うために展開している食品事業です。伝統的な漁法で捕獲されたサントーニャ・サバは、混獲がほとんど発生せず、個体を傷めず高品質な状態で捕獲できます。食物連鎖ピラミッドの下位で、個体数の多い小型魚であるサバを選ぶことで、絶滅危機にあるマグロなどの大型魚を守り、乱獲を防ぐことに繋がります。

釣り針と赤い糸を使い、 ほとんど混獲がない伝統的な漁法で捕獲
高品質な状態で捕獲したサバを オリーブオイル漬の缶詰に
上より時計回りで、レモンケイパー、 スパニッシュパプリカ、ローストガーリックの3種

<製品概要>
製品名:Mackerels in olive oil
日本語名:サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬
概要:スペイン・サントーニャ沖で、責任ある方法で捕獲されたサバのオーガニック・エキストラバージン
オリーブオイル漬。レモンケイパー、スパニッシュパプリカ、ローストガーリックの3種。
産地:スペイン製
規格:各120g
価格:各780円(税抜)、842円(税込)  3種パック ¥2,200(税抜)、¥2,376(税込)
発売時期:2020年3月26日(木)
販売場所:パタゴニア直営店(※)、パタゴニアオンラインショップ https://www.patagoniaprovisions.jp/
※パタゴニア 直営店は臨時休業中のため、営業再開後に販売します。営業再開時期については、ウェブ
サイトおよび直営店のインスタグラムにてお知らせします。

<パタゴニア プロビジョンズ概要>
責任ある農業や漁業をサポートすることで、私たちの故郷である地球を救うために展開している食品事業。
天然のスモークサーモン、オーガニックの原料を使用したスープとグレインズとフルーツバー、ヨーロッパのオーガニック認証済ムール貝、さらにより多くの炭素を土に閉じ込める多年生穀物を原料にした環境革新的なビールなど全21製品を展開(3月26日時点)。パタゴニア本社では2012年、パタゴニア日本支社は2016年から販売。


● パタゴニア 日本支社 会社概要 
○ パタゴニア・インターナショナル・インク日本支社 
Patagonia International Inc., Japan Branch
・所在地:神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1 BELISTAタワー東戸塚5階
・設立年月日:1988年8月23日
・日本支社長:マーティ・ポンフレー
・パタゴニア日本支社公式ウェブサイト:www.patagonia.jp
・パタゴニア プロビジョンズ公式ウェブサイト:https://www.patagoniaprovisions.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

米株、通常取引より時間外が好調な長期トレンドに近く

ワールド

レバノン、首相候補が就任辞退 宗派間の対立で

ビジネス

内閣府、7月景気動向指数改定値の公表を延期

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者328

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 7

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 8

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!