プレスリリース

<参考資料> セサミストリートジャパンが熊本にてEducation Summitを開催テーマは「夢をえがき、計画をたて、行動する:みんなで考えるファイナンシャル・エンパワーメント」

2020年01月14日(火)17時16分
メットライフ生命
メットライフ財団※の助成により子どもたちとその家族が夢を実現するためのスキルを育てるプログラム

本資料は、セサミストリートジャパンが熊本にて、2020年1月14日付に発信したプレスリリースです。 本資料はご参考として提供するものです。 ※所在地:米国ニューヨーク


2020年 1月12 日 熊本発 –セサミワークショップ(「セサミストリート」を制作している米国非営利法人) は、熊本市にてSesame Street Education Summit(セサミストリートエデュケーションサミット) を開催し、2017年に震災復興支援活動の一環として実施した「夢をえがき、計画をたて、行動する:みんなで考えるファイナンシャル・エンパワーメント」プログラムを再度行いました。

2日間にわたり開催されたこのイベントは、セサミワークショップが昨年11月から1年間かけて全国各地で開催しているSesame Street Education Summit(セサミストリートエデュケーションサミット)の第二回目です。今回は、日本の学校でも徐々に導入されている「セサミストリートカリキュラム」の一部、「夢をえがき、計画をたて、行動する」をテーマに取り上げました。セサミストリートカリキュラムは、セサミワークショップ の「Whole Child(知的発達から情緒的発達、社会性の発達まで、子どもの成長を全体的に支援する)」という教育的アプローチに、メットライフ財団の助成を受け展開している、子どもたちが夢をえがき、日々の選択が夢の達成に影響していることを学習する金融教育プログラム「夢をえがき、計画をたて、行動する:みんなで考えるファイナンシャルエンパワーメント」を加えたものです。

セサミワークショップ日本代表の長岡 学は、次のように述べています。「セサミストリートは50周年を迎える中、その期間中に、多くの人が被災した熊本地震の復興支援を継続するため、再び熊本を訪れたいと思っていました。『夢をえがき、計画をたて、行動する:みんなで考えるファイシャルエンパワーメント』というプログラムを通し、我々は、子どもたちとその家族が夢を実現するために、学校でも家でもよりよい計画をたて行動するために、必要なツールを提供します。」

また、メットライフ生命 執行役員常務 コーポレートアフェアーズ担当 ポール・マイルズは次のように述べています。「私たちは、生命保険会社として常に人々に寄り添い、地域社会に信頼されるパートナーになりたいと考えています。このプログラムをより多くの教育関係者に知っていただき、熊本をはじめ日本全国の子どもたちが、夢をも持ち、その実現のために計画を立て建設的に行動し、自分たちの未来を切り開いくための一助となることを願っています。」

熊本のSesame Street Education Summit では、以下の登壇者による講演と、ティーチャートレーニングを実施しました。

ヒトコト社 代表  村上 美香 氏:これまでにえがいた夢や、アナウンサーとしてのキャリアを実現する中で直面したチャレンジについてご講演いただきました。
メットライフ生命株式会社 AG西日本第3リージョナルオフィス リージョナルマネージャー 石井 大介 氏:本金融教育プログラムの重要性と、本地域や子どもたちの未来に対するメットライフ生命の取り組みについてお話いただきました。
セサミストリートティーチャー 為田 裕行 氏:セサミストリートティーチャートレーニングの講師を務めました。

セサミストリートの日本での活動については、こちらをご覧ください。www.sesamestreetjapan.org.

###
セサミワークショップについて
セサミワークショップは、1969年から教育番組「セサミストリート」をはじめ、様々なメディアや教育プログラムを、世界150余ヶ国で提供しているNPO法人です。世界中の子どもたちがかしこく、たくましく、そしてやさしく育つことを支援し、リサーチと研究に基づいた、その国やコミュニティーのニーズや文化にあったコンテンツを制作しています。www.sesameworkshop.org www.sesamestreetjapan.org

メットライフ財団について
メットライフ財団はファイナンシャル・ヘルスを活動の中心に据え、専門的知見に基づき、さまざまな支援スキームや経済的支援を地域社会・人々に広く提供しています。世界中の団体と協働し、ファイナンシャル・ヘルスの課題解決と、より強固な地域社会の構築を目指しており、メットライフの社員が支援活動に参加しています。これまで、42カ国で990万人以上の低所得者層にファイナンシャル・ヘルスに関わる支援を実施しています。www. metlife.org

メットライフ生命について
メットライフ生命は、日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始し、現在は世界有数の生命保険グループ会社、米国メットライフの日本法人として、お客さまに常に寄り添い、最適な保障を選ぶお手伝いをしています。多様な販売チャネルを通じて、個人・法人のお客さまに対し幅広いリスクに対応できる、革新的な商品の提供に努めています。https://www.metlife.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

英EU離脱関連法が成立、エリザベス女王が裁可

ワールド

プーチン大統領、安保理常任理事国の首脳会議開催を呼

ワールド

中国河北省で新型肺炎患者死亡、武漢以外で初の死者 

ビジネス

ECBが戦略検証開始、総裁「調整力発揮」 成長リス

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 7

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!