プレスリリース

「汚れにコミットする口内掃除機!?」4か月で全世界200万本を売り上げた話題の洗口液がついに日本初上陸!

2020年01月08日(水)10時00分
エイチ・ビー・エル株式会社
2020年1月15日(水)より販売開始

ヘルスケアと化粧品の輸入を行うエイチ・ビー・エル株式会社(所在地:東京都目黒区、代表取締役:⻘柳 正博、以下エイチ・ビー・エル)は、日本総代理店として汚れの見えるマウスウォッシュ「CORN GARGLE Q(コーンガーグルキュー)」の販売を2020年1月15日(水)より開始致します。







【CORN GARGLE Q(コーンガーグルキュー)とは】
https://corn-gargle-q.jp/
2019年8月に韓国で生まれ4か月で全世界200万本を販売した話題のマウスウォッシュです。歯磨やフロスでは落としきれない口臭の原因となる汚れや細菌、タンパク質を固めて排出するので、その効果の高さを目で見て実感する事が出来ます。また、上品なりんごの風味で美味しく、爽やかに口臭を予防する事が出来ます。

【製品特徴】
1.汚れが見える!効果を実感できる!新概念オーラルケア


不快な口臭の原因は、はがれおちた粘膜のカスや唾液、食物のカスなどに含まれるタンパク質が、口の中にいる細菌により分解・発酵される過程で出るガスです。CORN GARGLE Q(コーンガーグルキュー)は口内のタンパク質と細菌をチャ葉エキスに含まれるカテキンで吸着、固めて排出するので効果的に口臭を予防でき、かつお口の汚れを目で見て実感できます。


2.人や環境にやさしい天然由来成分
CORN GARGLE Q(コーンガーグルキュー)はトウモロコシのひげエキスと緑茶エキス、甘草、紅参等の口内ケアによいといわれる原料と、伝統のある緑茶歯磨き法に着目し、現代の製造技術で作られた新概念の洗口液です。口内の汚れや残った食べかすのタンパク汚れを取り除くことで口臭を予防し、清潔に保ちます。主に天然成分で作られた口内ケア用品です。


3.清涼感を感じる爽やかなフルーツ(りんご)の風味
上品なりんごの風味で美味しく、爽やかに口臭を予防する事が出来ます。

【使用方法】





【こんな方におすすめ】
■人と接する機会が多い方
■接客業の方
■よくお酒を飲む方
■焼肉などの外食が多い方
■矯正などで歯磨きが大変な方
■喫煙した後、匂いが気になる方
■歯磨きしても口臭が気になる方
■お菓子が好きな方


【CORN GARGLE Q(コーンガーグルキュー)】
商品名   : CORN GARGLE Q(コーンガーグルキュー)
内容量   :(1)リンゴ風味 500ml
       (2)リンゴ風味 11ml Stick/30包
販売料金  :(1)リンゴ風味 500ml :1,480円(税別)
       (2)リンゴ風味 11ml Stick/30包 :1,780円(税別)
原産地   :韓国
販売店   : エイチ・ビー・エル公式HPからお買い上げ頂けます
URL    : https://corn-gargle-q.jp/


■会社概要
商号    : エイチ・ビー・エル株式会社
代表者   : 代表取締役 青柳 正博
東京営業所 : 〒153-0064 東京都目黒区下目黒2-20-28 東信目黒ビル2F
電話番号  : 03-4500-8260
設立    : 2018年7月24日
事業内容  : ヘルスケアと化粧品の輸入
資本金   : 1,000万円
HP    : https://corn-gargle-q.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

中国自動車販売、7月は前年比+16.4% 4カ月連

ビジネス

英中銀、経済が再び減速すればQE強化へ─副総裁=タ

ワールド

シンガポール、第2四半期に景気後退入り 過去最悪

ワールド

台湾外相、米厚生長官と会見「中国が台湾に圧力、第2

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!