プレスリリース

CTIA、Fintech Taipei 2019で生産管理システムTaaSを紹介

2019年12月02日(月)19時00分
CTIA Co., Ltd
『Fintech Taipei 2019』出展レポート

ブロックチェーンによるソリューション・サービスを提供するCTIA(シー・ティー・アイ・エー)(本社:シンガポール、CEO:手塚 満)は、2019年11月29日・30日に台湾・台北市で開催された『Fintech Taipei 2019』にブースを出展しました。




本イベントでは、Fintech Space&Startupsエリア内のSFAパビリオンにブースを構え、CTIAが開発・提供する生産管理システム『Traceability as a Service』(以下、TaaS)の解説とTaaSを活用してワークフローの最適化を目指すさまざまな産業の紹介を行い、台湾国内の主要バンクや金融、フィンテックに精通する参加者がブースに訪れました。



世界のフィンテックハブを目指す台湾

本イベントは台湾の金融セクターの競争力向上と金融業界のイノベーションを加速させるために、国内のフィンテック推進、潜在企業やスタートアップ育成を目的に昨年2018年から開催されています。オープニングセレモニーでは台湾総統のTsai Ing-wen(ツァイ・インウェン)氏をはじめ、台湾政府関係者や金融機関担当者が登壇し、台湾の金融産業促進と発展について言及しました。また、世界貿易機関(WTO)が12歳未満の子どもたちの専門展示会参加の規制廃止に対応して、未来のフィンテックユニコーン育成の目的で12歳未満の子どもたちにも本イベント参加が許可されており、フィンテックや台湾関連産業の成長を重視しています。



国内外のフィンテック企業や著名人が集結

本イベントには、台湾の技術業界を牽引する大小企業の他に13の国からから参加した240を超える金融機関や100社以上のスタートアップ企業が出展しました。また、会場内のメインステージでは、最新テクノロジーが変える金融業界の将来や金融サービスのための新しいアプリシステムなどをテーマにフィンテックや金融に関連する各界のモデレーターやゲストスピーカーの基調講演が行われました。



CTIAが手掛けるTaaSに参加者も関心

本イベントでは2日間で約459の企業、機関が展示ブースを展開しました。CTIAもイベント会場内のSFAパビリオンにブースを出展し、現在自社で開発・提供する生産管理システム「TaaS」の紹介と他の産業分野への活用に関する解説を行いました。
海外から多くの参加者が来場しており、日本の企業担当者からも興味を示す反応がありました。台湾では2014年に起こった食品加工会社の劣化油使用事件などから、食の衛生問題をブロックチェーン技術で解決することは望ましいと話す参加者もおり、金融以外の産業への活用を期待する声が上がっていました。
本イベントは大盛況のうちに終了し、2日間で約3万人を動員しました。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

独ルフトハンザ、98億ドルの公的支援で合意 政府が

ビジネス

EU、対面型の首脳会議開催も 予算・復興基金協議で

ビジネス

仏ルノー、20億ユーロのコスト削減計画発表へ=労組

ワールド

イタリア、コロナ制限措置を支持 91%が「有益」と

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 5

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!