プレスリリース

CTIA、『Singapore Fintech Festival 2019』でCordaベースの生産管理システムを展示

2019年11月08日(金)19時00分
CTIA Co., Ltd
シンガポール通貨金融庁主催のフィンテックイベントでCordaをベースとしたトレーサビリティシステムを展示

ブロックチェーンによるソリューション・サービスを提供するCTIA(シー・ティー・アイ・エー)(本社:シンガポール、CEO:手塚 満)は、2019年11月11日から15日にシンガポールで開催されるシンガポール通貨金融庁主催のフィンテックイベント『Singapore Fintech Festival 2019』でのブース出展が決定しました。 本イベントで、CTIAはR3社のCordaをベースとした生産管理システム「Traceability as a Service」のデモンストレーションと解説を行います。




CTIAでは、サプライチェーンにおいてトレーサビリティを実現するために、R3 Cordaによる分散台帳技術を活かした生産管理システム「Traceability as a Service」の提供に向けて開発を進めています。

Traceability as a Service(以下、TaaS)はすべてのモノと動作を把握すること、全ての履歴を管理することを目的にブロックチェーンを活用して管理することで、従来のCRM/ERPTでは実現が難しかった組織間においての計画と記録の突き合わせ業務を実現します。生産計画と作業記録の突き合わせにおいては、スマートコントラクトを活用したり、製品をトークンとして取り扱うことで、在庫管理などの様々な管理業務の省力化、また多品種少量生産の業務効率の大幅な改善が可能となります。また、企業間取引や国際貿易においてもこの技術を活用することによって管理コストや待機コストの大幅な軽減が可能です。従来のシステムでは、履歴を改竄される可能性があるという点がシステムへの安心感がない原因となっていました。TaaSは、これらの課題を解決するための生産管理システムとして機能します。

先日、CTIAはロンドンで開催された『CordaCon London 2019』に出展し、R3社が開発するCordaをベースに運用されるSGX実証機を展示しました。その際のデモンストレーションでは、キウイを作る生産側と入荷側の2社の設定で実施され、生産する会社では、キウイの収穫・箱詰めと出荷準備を行い、出荷するまでの工程を実施、そして入荷側の会社では入荷予定をバーコードで照合して入荷作業を実施しました。

今回の『Singapore Fintech Festival 2019』も同様に、デモンストレーション用アプリを使用して、生産の記録から出荷・入荷までのプロセスを実際に見ることができます。 本イベントのCTIAブースはシンガポールフィンテック協会(SFA)の展示ブースに内設する形で出展します。



Singapore Fintech Festival 2019

シンガポールフィンテックフェスティバルはシンガポール通貨金融庁(MAS)が主催する世界最大の金融テクノロジーイベントです。2016年から毎年開催され、今年が4年目となる本イベントは、各国から金融機関や技術開発企業、スタートアップ企業が参加し、フィンテックの包括性と情報交換、新しい開発事業のネットワークを構築するグローバルプラットフォームです。前回は16ヵ国、400社以上の出展企業が参加し130ヵ国から約45,000人を動員しました。今年は金融エコシステムを推進するために、「持続可能性」「金融の未来」「投資と国際市場の機会」「エクスポネンシャル技術」の4つのテーマを主題に開催されます。

Singapore Fintech Festival 2019
主催: シンガポール通貨金融庁
日時: 2019年11月11日~15日
会場:Singapore Expo Convention & Exhibition Centre
住所:1 Expo Drive,Singapore 486150



CTIA

CTIAは、分散台帳技術やブロックチェーンなどの最先端テクノロジーにより企業のさまざまな経営課題や社会問題を解決していくことを目指すシステム&コンサルティング会社です。
既存のシステムやこれまでテクノロジーを応用することができなかった領域に対してもアプローチして、トークンを使って様々な取引や情報の照合を可能にする「トークンエコノミー」の実現を目指します。世界の各拠点からその地域特性を最大限に生かしたソリューションを提供し、あらゆる分野でのトークン化をグローバルに展開していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

電子たばこ禁止なら違法販売の恐れ、年齢制限で対応=

ワールド

香港壊滅していないのは「私のおかげ」、トランプ氏が

ワールド

ジュリアーニ氏は犯罪取締に精通、ウクライナ巡る起用

ワールド

トランプ氏、米中交渉成立の判断まだ 「合意近いかも

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 6

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 7

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 8

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 9

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 10

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!