プレスリリース

『Newtro』 第11弾楽曲は、「セーラー服と機関銃」同タイトルの本人主演映画で話題にもなった薬師丸ひろ子のデビュー曲!

2024年02月23日(金)18時00分
日本が誇る名曲を再構築する"リバイバル"音楽プロジェクト『Newtro』(ニュートロ)が、第11弾楽曲「セーラー服と機関銃 × GOOD BYE APRIL」のミュージックビデオを公開。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/386334/img_386334_1.jpg
今回リバイバルされた楽曲は、来生えつこ作詞、来生たかお作曲による、薬師丸ひろ子のデビュー曲「セーラー服と機関銃」。
薬師丸ひろ子が主演として出演した映画『セーラー服と機関銃』の主題歌となり、本作で歌手デビューを飾り、音楽作品としてもヒット作になった1曲。

この楽曲を、『流行りのシティポップ』の遥か先を行く本物の "AOR" バンド、GOOD BYE APRILが、切なさと爽やかさを併せ持つ歌声と溢れでる郷愁性が魅力のネオ・ニューミュージックとして再構築。
ミュージックビデオのイラストは、昭和90sをテーマに和xメカx女子のイラストを描く、moomoo(ムームー)が担当。
セーラー服はもちろん、美しくも強い意志を感じる眼差しなど、作品の世界観にとてもリンクしたイラストとなっている。

▼Newtro 第11弾
『セーラー服と機関銃(薬師丸ひろ子 / 1981)』 × GOOD BYE APRIL / Newtro
ミュージックビデオ:https://youtu.be/0iI19ruTPKY

<CREATOR>
▼楽曲
薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」(1981年)
来生えつこ作詞、来生たかお作曲による、薬師丸ひろ子のデビュー曲。
薬師丸ひろ子が主演として出演した映画『セーラー服と機関銃』の主題歌となり、
本作で歌手デビューを飾り、また音楽作品としてもヒット作になった1曲。

▼アーティスト
GOOD BYE APRIL
オフィシャルサイト:https://www.goodbyeapril.com/
X(※Twitter):https://x.com/GOOD_BYE_APRIL?s=20
Instagram:https://www.instagram.com/goodbyeapril/
TikTok:https://www.tiktok.com/@good_bye_april
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCx3MOQycJ6bjtTNK-wFQiPQ
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/386334/img_386334_2.jpg
メンバー:延本文音(Ba.)/ 倉品翔(Vo & Gt & Key.)/ 吉田卓史(Gt.)/ つのけん(Dr.)

2011年東京で結成。
『流行りのシティポップ』の遥か先を行く本物の "AOR" バンド、GOOD BYE APRIL。
ニューミュージックを血肉に洋邦の 80's サウンドをクロスオーヴァーした楽曲と、切なさと爽やかさを併せ持つ歌声と溢れでる郷愁性が魅力のネオ・ニューミュージックバンド。
情景や郷愁を感じさせる楽曲と、ワン&オンリーといわれる倉品翔のボーカル。また倉品と延本によるそれぞれの個性を持った歌詞。ニューミュージック、とりわけチューリップ、大瀧詠一や小田和正などの古き良きポップスをも血肉にしたエヴァーグリーンなグッドミュージックは、時代も世代も問わず多くのリスナーを魅了してきた。

<GOOD BYE APRIL コメント>
来生たかおさんが大好きで、来生さんの曲をカバーしたいっていうところから始まり、他にも「スローモーション」など候補曲があったんですけど、今回カバーした「セーラー服と機関銃」に関しては、元々こういう風にしたいっていうアレンジのイメージが漠然とあったので、この楽曲でトライしてみました。
来生さんの楽曲は、ちょっとスモーキーなところが持ち味でもあり、それも活かしたっかたんですけど、今回はあえて強いビートでメロディーを乗せてみたかったっていう着想があったので、生ドラムと打ち込みを合体させるみたいな普段あまりやらないこともチャレンジしてみました。
かなり力量が試されるところでもありつつ、それが面白くもあり、音色も重なることでより厚みが増して、ただ単に打ち込みのドラムを入れるのではなく、生ドラムを入れることによって、その土台がしっかり出来上がるので、そういった部分でも、いろいろとチャレンジしながら仕上がった楽曲になっています。


「GOOD BYE APRIL Major Debut 1st Anniversary Acoustic One-Man Tour」
4/21(日) 大阪 雲州堂
4/29(月・祝) 東京 王子 Music Lounge

▼イラストレーター
moomoo(ムームー)
X(※Twitter):https://twitter.com/05_mtyk
Instagram:https://www.instagram.com/moomoo.05/


-------------
『Newtro』
アーティストやイラストレーターによって「過去(Retro)の名曲」を再構築し、「現在や未来(New)」に新しい作品として生み出す音楽プロジェクト。古き良きモノと新時代が混じり合い、新しいクリエイティブが生まれる"交差点"を中心とした「近未来都市」を舞台に、楽曲の世界観や空気感にあわせたクリエイティブを通じて世界に発信していく。

▼公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/@newtro_japan

▼第1弾
『Romanticが止まらない(C-C-B / 1985)』 × Lafuzin / Newtro
ミュージックビデオ:https://youtu.be/RXfXD8MyUR8
1985年にリリースされたC-C-B「Romanticが止まらない」。
80年代を中心に数多くのヒット曲を生み出してきた、松本隆(作詞)と筒美京平(作曲)というゴールデンコンビにより制作され、人気ドラマ「毎度おさわがせします」の主題歌となったこの名曲が、日本のニューミュージックや歌謡曲などに影響を受けてきた"ソフィスティ・ポップ・デュオ"Lafuzin(ラフジン)によって再構築。

▼第2弾
『ロマンティックあげるよ(橋本潮 / 1986)』 × DE DE MOUSE feat. ひらめ / Newtro
ミュージックビデオ:https://youtu.be/EEQR-0BLng0
1986年にリリースされた橋本潮「ロマンティックあげるよ」。
テレビアニメ『ドラゴンボール』のエンディングテーマとして広く知られるこの名曲を、人気トラックメイカー DE DE MOUSEによるアレンジで、ボーカリストにTikTok発の新世代アーティスト ひらめを迎え再構築。

▼第3弾
『じゃじゃ馬にさせないで(西尾えつ子 / 1989)』 × レトロな少女 / Newtro
ミュージックビデオ:https://youtu.be/lQMrGeow_gM
1989年にリリースされた西尾えつ子のデビューシングル「じゃじゃ馬にさせないで」。
世代をまたがり根強いファンを持つ高橋留美子の代表作『らんま1/2』のテレビアニメのオープニングテーマとして広く知られるこの名曲を、ノスタルディックで新しい、レトロでポップで可愛らしいをテーマに楽曲を届けていく男女ユニット、レトロな少女が再構築。

▼第4弾
『壊れかけのRadio(徳永英明 / 1990)』 × 坂本櫻 / Newtro
ミュージックビデオ:https://youtu.be/fHRq1u9nPHM
「輝きながら...」、「Rainy Blue」など数々のヒット曲を発表してきた日本を代表するシンガーソングライター徳永英明が1990年にリリースした、言わずと知れた名曲の一つ。
今も多くの人に愛されるこの曲を、シンガーソングライター坂本櫻が、透明感のあるピアノと歌声で再構築。

▼第5弾
『WINDY SUMMER(杏里 / 1983)』 × ultramodernista / Newtro
ミュージックビデオ:https://youtu.be/BJzIaHyXv00
80年代のシティ・ポップを牽引したシンガーソングライターの杏里が1983年に発表した、角松敏生の作詞・作曲・プロデュースによる夏の名曲「WINDY SUMMER」。
この楽曲を、韓国のシンセポップバンド ultramodernistaが、持ち味であるシンセ・サウンドと70~80年代のディスコを基盤とした彼らの感覚で再解釈。

▼第6弾
『暗闇坂むささび変化(はっぴいえんど / 1971)』 × DENIMS / Newtro
ミュージックビデオ: https://youtu.be/OyxWVMg8D2I
大瀧詠一、細野晴臣、鈴木茂、松本隆によるロックバンド はっぴいえんどが、1971年にリリースした楽曲「暗闇坂むささび変化」。1964年の東京オリンピック以降の東京をテーマにしたアルバム『風街ろまん』に収録され、東京へのノスタルジアを端的に表したはっぴいえんどの名曲の一つ。
この楽曲を、ファンクやブルースをルーツに、ヒップホップ、ジャズ、パンク、シティポップといった要素を自由自在にミックスしたサウンドで注目を浴びる4人組バンド DENIMSが彼らの感覚で再構築。

▼第7弾
『恋一夜(工藤静香 / 1988)』 × pale memory Room / Newtro
ミュージックビデオ:https://youtu.be/GYwMY9Z8I9c
おニャン子クラブのメンバーとして活動し、1987年にソロデビュー以降、「FU-JI-TSU」、「MUGO・ん...色っぽい」など昭和から平成にかけて多くのヒット作をリリースしてきた工藤静香の名曲の一つ「恋一夜」。
"平成最初のシングルランキング"で1位を獲得するなど、当時はもちろん、彼女のヒット曲の中でも、今も高い人気を誇るこの楽曲を、エレクトロ、アンビエントを基調とした幅広い音楽で独自のスタイルを追及する4ピースバンド pale memory Roomが、古き良きサウンドと現代的なアプローチの化学反応を狙ったアレンジで再構築。

▼第8弾
『月の裏で会いましょう(ORIGINAL LOVE / 1991)』 × rice water Groove (TBS'93,chancylemon) feat.BaramonK / Newtro
ミュージックビデオ:https://youtu.be/Sr4gOocB3Ic?si=gml-Utmo-4wiRZG5
「接吻」、「朝日のあたる道」などの代表曲をリリースしてきた、
田島貴男がボーカルを務める音楽ユニット ORIGINAL LOVEのメジャー通算2作目のシングルで、当時放送された深夜ドラマの主題歌としても起用され、今も様々なアーティストにカバーされている楽曲「月の裏で会いましょう」。
この楽曲を、「90's,00'sの再解釈」を軸に制作活動を行う3MC HIPHOPクルー"rice water Groove"が再構築。
メンバーのTBS'93、chancylemonの2人が、独自の解釈でサビにかけてオリジナルのリリックが追加され、サビではトークボックス奏者のBaramonKがフィーチャリングで参加し、rice water Groove大胆なアレンジとなっている。

▼第9弾
『夜間飛行(南佳孝 / 1978)』 × HALFBY feat.曽我部恵一 / Newtro
ミュージックビデオ:https://youtu.be/OC4wlmrUqZc
2023年9月21日にデビュー50周年を迎えたシンガーソングライターの南佳孝が、1978年にリリースした全編曲に坂本龍一が参加し、サンバやボサノバなどラテンミュージックの香りが色濃く、大人のためのシティポップを表現した自身3枚目のオリジナルアルバム『SOUTH OF THE BORDER』に収録された楽曲「夜間飛行」。
エレクトリックピアノがグルーヴィなサンバのビートに絡み合う原曲を残しながらも、HALFBYがボーカリストとしてサニーデイ・サービスの曽我部恵一を招き、独自の解釈で再構築。

▼第10弾
『WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント〜(H Jungle with t / 1995)』 husky / Newtro
ミュージックビデオ:https://youtu.be/c6lny8aEQC0
お笑いコンビであるダウンタウンの浜田雅功と、音楽プロデューサーである小室哲哉による、テレビ番組発のコラボレーションユニット・H Jungle with tが、1995年にリリースし大ヒットした名曲「WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント〜」。
当時のオリコンチャートで7週連続1位を獲得するなど1995年を代表するこの楽曲を、関西で活動する、ロックをこよなく愛しカッコよく可愛くをモットーに活動し、様々な音楽をハスキーサウンドとして表現していく6人組ラウドアイドルグループhuskyが大胆に再構築


<PLAYLIST>
https://youtu.be/ojGA1y4FV-U

<INFORMATION>
▼Newtro YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/@newtro_japan
▼X(旧Twitter)
https://twitter.com/Newtro_Japan
▼TikTok
https://www.tiktok.com/@newtro_japan
▼Instagram
https://www.instagram.com/newtro_japan/
▼Threads
https://www.threads.net/@newtro_japan

<TV PROGRAM>
▼MUSIC ON! TV(エムオン!)
「Newtro-ニュートロ-」
https://www.m-on.jp/program/detail/newtro/
放送日時:2/29(木)、3/7(木)
GOOD BYE APRILが出演!
ミュージックビデオ、アーティストによる選曲理由や、影響を受けた日本のレトロな音楽・文化についてのインタビューをお届け。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ前米大統領、麻生自民副総裁と会談=関係者

ワールド

北朝鮮「圧倒的な軍事力構築継続へ」、金与正氏が米韓

ビジネス

中国人民銀、国債売買を政策手段に利用も=高官

ビジネス

米テスラ、新型モデル発売前倒しへ 株価急伸 四半期
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 2

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 3

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 4

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 5

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 6

    「なんという爆発...」ウクライナの大規模ドローン攻…

  • 7

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 8

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中